FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

起案の再提出なんて、あるわけない

弁理士実務修習生の皆様、ご機嫌いかがでしょうか? ヤメ研です。

今週は、意匠の集合研修がありました。それでは早速、始めましょうか!

「図面の線が一本足りないだけでイエローカードになるって言うなら、

 みんな再提出になるしかないじゃない!!!」


  ,'.:       〃 ,:1  ,  __/  // /         } ,     ',
__彡ァ       乂_ノ :!  ,′ ./ ̄/7=‐.、__ノノ     ,'∧      '
.. /            /i::, {  彳ア:::抃<     ( (、__,/'  i     }
 ,'/リ.,   ,イ  ./`¨´i.|:∧. 、 .c弋匕Z_         >、_`ヽ、」     ,'
_彡'厶イ./iヽ,′   |:::∧ {Ⅵ//             ア:::抃、 |    /
       / i|:::{:     `(( .Ⅵ .))       ‘     弋匕Zっ    /
     /  ∨:、     }}_口_{{     ,_-‐- 、      / //
.    i.|   ∨:\ .γ´,...-‐-ミメ、 └‐―-、、、    .辷´五ニ=一、
.    ヾ、   \,:´,´./ ,.-‐-、.刈ハ.     `~    /          \
-‐…‐-'_ヾ   / l l. {::::::::::::} l l≧:.. ___.... -‐=¬=-、― _....___〉
  /¨,-‐… 7 . 八圦 `‐-‐' ,' 厂`Y   /        `ヾ´/////
. /  {    /.Y¨Y .ゞ.,`=‐-‐ 彡.1辷7―‐-/               ∨―‐- 、
. !   ',     /  !:::::::::`¨ニ¨´::::::|// `ヽ/                 ∨   .〉
. | >'´`ヽ:. /.i⌒i:::::::::::::::::::::::::::::::|/⌒) (  , -―-         j   ./
\! .Уヽ   (./ ./:::::::::::::◯:::::::::::::!  / ∧/ , -‐-、. \        〈‐‐-、 j
. /   ヾ .〈  ヾ::::::::::::::::::::::::::::::! 入 _〈_/    \ \       ∨_)'


いつもは余裕のマミさんもさすがに意匠の起案再提出基準のあまりの理不尽さにお怒りのようです。

まさにマミさん

さて、意匠の集合研修の日は、

今度こそイエローカードを受け取るのではないかorz

という恐怖のあまり、集合研修に行きたくありませんでした。しかし、ここで休んでしまったら、せっかく支払った約12万円もの研修費用がもったいないと思い、ダークな気分ながらも、集合研修に参加しました。

集合研修の建物の中に入って、受講証確認の待ち行列に加わりました。

受付のテーブルまで行くと、よく訓練された受付の女性がにこやかな笑顔を保ちつつ、受講証を確認して「○○様ですね」と、前に並んでいた人に再提出用の黄色い紙の入った小封筒を渡していました

ふと、受付のテーブルの上を覗き見ると、

イエローカードが入った小封筒が

山のように積み上げられていました…

ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル


最悪、出願と中間対応の2連続再提出コンボをくらって、唯一の安息日たる週末までもが起案地獄になるのかと想像すると、

思わずその場で失禁しそうになりました(←おい)

私の番になり、受付の女性に受講証を渡すと、彼女は訓練された営業スマイルでにこやかに「ヤメ研様ですね」と受講者名簿を確認していました。その隙に、私の目はホーミングミサイルのごとく、受講者名簿の再提出の項目に×がついてないか必死で探していました

ラッキーなことに、再提出はありませんでした。

しかしながら、午前中の集合研修で起案の解説を聞いたところ、

正面図に一本の横線を描いていない

ことに気づきました。それなのになぜ、再提出にならなかったのか?

実は、講師の解説によれば、意匠の起案の採点基準は、

出願書類に「重大な瑕疵」があるか、

「軽微な瑕疵」が3つあれば起案再提出


とのことでした。ここで、

「重大な瑕疵」とは、異なる物品名を記載したとか、省略できない必要図を省略したとか、設問と著しく相違した図面を作成したとか、意匠が特定できないほどの大きな瑕疵

「軽微な瑕疵」とは、断面のハッチングを忘れたとか、「正面図」等に墨付き括弧(【これ】)がついていないとか、意匠の説明欄に一部図面を省略した旨や透明の旨が記載されていないとか、小さなミス


ということでした。

私の場合は、小さなミスがありましたが、2つ以下なので起案再提出まで至らず助かったようです。

前半の出願手続の講義で起案再提出にならず、思わず安堵していた私でしたが、なんと、

後半の審査対応の講義前に

2回目の起案のイエローカードの配布があるとのこと

しかも、2回目の起案の再提出は数十人規模だそうな…

ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル


とはいうものの、2回目の起案もミスが少なかったのか、イエローカードを受け取ることはありませんでした。

というわけで、今回は無事トラップを回避して爆死せずに済みました

お~れ~は~~~♪ チャンピオ~~~ン♪

   ☆
        / ̄|   ☆
       |  |彡   ビシィ
       |  |                  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      ,―    \                |
     | ___)   |              ∠  Good Job!
     | ___)   |       ∧_∧     \______
     | ___)   |\___(´Д`  )_____
     ヽ__)_/ \___     _____, )__
         〃  .       /    /     / /    〃⌒i
         |          /    ./     / /    .i::::::::::i
   ____|     /⌒\./    /     / | ____|;;;;;;;;;;;i
  [__]___|    / /-、 .\_.  /     Uし'[_]     .|
   | ||     |    / /i  i    /         | ||      |
   | ||____|____/ / .| .|\_ノ______..| ||      |
   |(_____ノ /_| |_________..| ||      |
   | LLLLLL./ __)L_| |LLLLLLLLLLLLLLLL. | ||_____」
   | ||    (_/   / i                .| ||    | ||
   |_||        / .ノ               |_||    |_||
            (_/


ま、意匠の起案を作成するためだけに

3連休をフル投入したから当然か!
(←震え声)



というわけで、これまでの成績です。

ヤメ研の起案再提出状況

特実1:再提出なし
特実2:再提出なし
特実3:再提出なし
意匠1:再提出なし
意匠2:再提出なし
商標1:(未定)
商標2:(未定)



(↓)優等生な弁理士実務修習生かが○んのありがたいお言葉
       __ ,、
   _ '´ //|、ヾ_    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  }゙K〈{ノ/リ リリ〉'{  | 馬鹿ねえ。起案なんて普段からしっかりやっておけば
.  くハ〉(!l.゚ ヮ゚ノ!バ〉 < 
    |i!||'⊂)氷!つ!|   | 直前で慌てることがないのに。学問に王道なしよ!
    i' リ く/_j〉 リ'j!   \_________________________
   '´   .し'ノ '´

ぐぬぬ………………っ!!(←あまりに正論すぎて反論できず)

ところで、

起案再提出の皆様に朗報

です。

ヤメ研の脳内諜報機関(ヤメケンアプヴェーアの調査によると、審決データベースで以下の審決(判定2008-600045が発見されました。

以下、冒頭部分を一部引用すると、

イ号写真に示す「シャープペンシル付きボールペン」は、本件判定被請求人(以下、「被請求人」という。)が実施している、

販売名「ドクターグリップ4+1」

、品番BKHDF-1SRの「シャープペンシル付きボールペン」(以下、「イ号物件」といい、その意匠を「イ号意匠」という。別紙第2参照。)である。


いわゆる、元●タというやつでしょうか?

実は、この判定は、集合研修のスライドで紹介されていた審決内容に記載されていたキーワードを入力して発見したものです。

(↓)ドヤ顔で語るオタク弁理士実務修習生

         /: : : :/ : : : : : : i: : : : : :ヽ : : : : ー 、 : : \
           /: : : / : : : : : : : ,イ : : : : : : :l: : : : : : : \- 、:\
.          /: : : / : /: : : : : : / |: : : : : :| : |、: : : : : : : : \ \}
       .' : : :/ : /: : : : : : /  v : : : : l : |斗-: : ヽ: : : : ヘ
       |: : :/ : /| : : :― x   ∨: : :∧ | ∨: : :ハ: : : : :ハ
       |: :/ : /: | : : : : / `  |: : :/ j/- ∨: : :l: : : : : :|
       r┴、/:ヽ| : : : /     |: :/  示旡アV : :|: :|ヽ: : |
       |  | : :│: : /|.     | /   ト::爿/ ハ: :|: :| ',: :|
       'vーく ,x┤: / :|三≧x j/   込;リ { : | ∧ |  ∨
      /   ヽ. | /: :│ ,/      '    .:・} : |/ i/   これからは情報戦だよ!
        |  /⌒}:Ⅵ : :ヘ:.:.:.    ー'ーr'   /: : |
        {    /´}_ム: : :≧r 、 .. _ ー ' .. </: : : |  これで起案再提出もばっちりだよね!!
       ヽ    / }ヘ: : \\   厂}ヽ._/ | : : : |  学問に王道ありだね~!
.         \   __/  \: : \\x-┴く ヽ| : : :.′
         /   /ヽ     \ : ヽ \   |  |: : :/
      /     {ヽ}}     ヽ: : }  \ l  |: :∧


ここで、「実務修習起案提出に当たっての注意事項」として「本資料は、本研修の演習の為に作成されたものであり、受講者は、各自、秘密を保持し、外部に漏れることのないよう十分に注意すること。」と記載されています。

それゆえ、

「起案の内容そのもの」は紹介できない

のですが、

「審決」は起案以前に公開されているもの

なので、ここで取り上げることにしました。

ちなみに、特許法第193条(特許公報)第2項第六号には、確定審決について規定されており、また、青本の解説には、

特許公報は、特許出願及び特許権に関して必要な事項を

広く一般公衆に知らせるために

発行するものである。


と規定されています。

広く一般に公開されているんだから

審決まで秘密にする必要はないよね! てへぺろ☆(・ω<)


(↓)いまいち納得がいかない優等生か●みん
                 __   /,!
      ハ '"´ ̄ ̄``´ /‐ '∠., _
    / U       ,イ    、_  ` 、
__r‐{ -//  ,'  / / i     ヽ ̄``
:::::ム:::::7 /   ∧ ,/,/  l      丶
::://:::/ ,' u / X//     ! |/    ヽ
;/ !:://l !   / ,/ l/`'" 、,/!ヽ  |  l.  ',
 !l//:::|l   i. /        リ i. |  ト、 .! 確かに審決は一般に公開されているけど、
 !l/'''7リ  ,l/ ////// ! l , l ヽ!
 |   !`l. /    / ̄ ̄`i   ハ. ,! ハ!   なんか腑に落ちない……!!
 l  `'l/ー 、 /     /   〉l/,/
. !   | |   `iー--、-',-‐、i"  |/  
  !   l !  /7ヽ、....7M. ハ!  i !
.  !   !| ,!{ /.丶...ヾ,ハK. |  | |     
  ハ   | |.| |........ヽ..........i.ヾ  ,! |
  !i.i.  | |.| |......、...i..../....|.[|,ノ ! !
  !| l  | }.| |.......ヽ|./........l,..}  i |


来週は、いよいよ最終回の商標。しかしながら、来週も2連続再提出コンボの可能性があるので油断できず…。なんだか、受験生時代と全然生活変わってないデジャビュ状態

それはそうと、実は、

e-ラーニングのほうも全く終わっていません

見たところ、まだ

優に60単位以上も残っているご様子…(鬱)

私の今の状況をエースコンバット風に再現すると、以下のような感じでしょうか…。

<<AWACS>> 畜生! やつら本気で皆殺しにするつもりだ!
           たった一撃で数十人近くも再提出を食らいやがった!!

<<Omega11>> オメガ11、イジェークト!

<<FRIEND>> オメガ11が黄色にやられた!!

<<AWACS>> e-ラーニングの終了期限が間近まで接近している! 
           回避しろ! ブレイク! ブレイク!


(ヘッドアップディスプレイが真っ赤になり、ミッソーアラートが鳴り響く) 

<<AWACS>> e-ラーニング終了まであと12日!

<<Yameken>> もう…ダメぽ…orz


もうダメぽ・・・
┃┌┬┐            ┃   ┏ NEXT┓
┃├┼┤┌┐        ┃   ..┃┌┬┐┃
┃└┴┘├┤┌┬┬┬┨   ..┃├┼┤┃
┃┌┐┌┼┤├┼┴┴┨   ..┃└┴┘┃
┠┼┼┼┼┼┼┼┬┐┃   ┗━━━┛
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┤┃
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┤┃    . . .... ..: : :: :: ::: :::::: ::::
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┤┃         Λ_Λ . . . .: : :
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┤┃        /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . ::
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┤┃       / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .::
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┤┃       / :::/;;:   ヽ ヽ ::l .
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┤┃  ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ̄
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┤┃
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┤┃
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┤┃
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┤┃
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

一体、いつになったら楽になるんだよ? 

合格発表から数か月もたつのに、全然楽にならねえよ!

江○先生よぉ~~~!!

トラックバック一覧

コメント一覧

#93 No title
ヤメ研さん、再提出なしとはすごいですね。
私は昨日、しっかり再提出をくらいました…

ところで、最終日の同期会には参加されますか?
初日の同機会でヤメ研さんを探したのですが、手がかりが何もなく途方に暮れてしまいました。
もし参加されるのでしたら、何かヤメ研さんとわかるものとかつけていただけるとお声がけしやすいです。

あと、アフィリエイトで何か買うので、ブログの更新の頻度を上げていただければありがたいです。
#104 バイワーン様コメントありがとうございます
バイワーン様コメントありがとうございます。

> 私は昨日、しっかり再提出をくらいました…

かくいう私も商標の起案が再提出にならないか不安で、未だにアンパンが喉を通りません。

> あと、アフィリエイトで何か買うので、ブログの更新の頻度を上げていただければありがたいです。

すみません。ここ最近、起案提出地獄+e-ラーニング地獄+まさかのPC故障+風邪でダウンの4連コンボを食らって、ブログどころではありませんでした。先週ようやくPCの修理が終わって普通に書き込めるようになったばかりです。決してやる気がなくなったわけではありません。

ところで、Amazonアフィリエイトは、著作権者から訴えられることなく、合法的にアニメ等の画像をブログに貼りつけるための手段として用いているので、収入はさほど重視していなかったりします。

> ところで、最終日の同期会には参加されますか?
> 初日の同機会でヤメ研さんを探したのですが、手がかりが何もなく途方に暮れてしまいました。
> もし参加されるのでしたら、何かヤメ研さんとわかるものとかつけていただけるとお声がけしやすいです。

私はヲタの例に漏れず、重度のコミュ障というか、リアルでは『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!』のもこっち(黒木智子)と『ハイスコアガール』の大野晶をフュージョンして2で割ったような性格なので、リア充が集まる公の場で正体をさらすことを考えただけで死にそうになります。

また、何かのきっかけで知り合ったとしても、会話が続かないので、きっと失望されると思います。
私自身、もこっちと似たような高校生活を送ったほうなので…。

とはいえ、弁理士の世界というものは大変狭いらしいので、同じ関西在住ならどこかでお会いするかもしれません
(もしかすると、すでにお会いしているかも?)

というわけで、申し出自体はありがたいのですが、ご期待に添えそうになくて誠に申し訳ありません。
#105 返信ありがとう御座いました
3つくらい前の記事で質問しましたが、返信ありがとう御座いました。
最新の記事に書いたほうが読んでいただけるかと、こちらで返信してしまいました。

あれから、やっぱり同じテキストをできるまで繰り返そうそ思い、アドバンステキストを解きなおしていました。
確かに江口講師も「あれこれ手を出すと落ちるパターン」って言ってますよね!
マネーの問題で、多くの講座を受けることができず、今年度は論文実践力完成講座(事例編)(江口)のみです。
ヤメ研さんの場合、多くのLECの講座を受けていたようだったので、自分のように特定の講座しか受けていない身としては、どうもこれだけでいいのかと心配になってしまいました・・・

昨年初めて論文を受けて落ちてから、法学書院の弁理士受験新法を買っています。
法学書院の弁理士受験新法の添削教室も毎月送っています。当初よりは点数が安定して上がっていますが、それでも6割前後です・・・


模擬試験の件は参考になりました。
サマライズ(江口)というゼミの問題を収録した講義は、昨年取ってよかったので、あとそれは取るつもりです。
アドヴァンス、サマライズ、模擬試験をひたすら解きなおして本番迎えようかと思っています。

と思いつつも「青本の要点チェック講座」など、興味をそそられる講座はありかすが、これは受けたほうが良いという講座はありますか?
#107 No title
先日の同期会でご指名されていましたね。
ひそかに名乗ってくれないかなーと思っていたのですが。
合格者と話をしていてもヤメ研さんの話題になることもありますし、多分ヤメ研さんが思っている以上に、みなさん会いたがっていると思っていますよ。
#108 ちーくん様コメントありがとうございます
ちーくん様コメントありがとうございます。

> 先日の同期会でご指名されていましたね。
> ひそかに名乗ってくれないかなーと思っていたのですが。

すみません。重度のコミュ障の上に根が超絶チキンなもので…。

そもそも人の注目を浴びた状態で堂々と名乗りを挙げられるような性格だったら
今頃こんな痛ましいヲタクではなく、きっと素晴らしいイケメンリア充になっていたと思います。
ご指名くださった方には、ご期待に添えず、本当に申し訳なく思っています。

> 合格者と話をしていてもヤメ研さんの話題になることもありますし、多分ヤメ研さんが思っている以上に、みなさん会いたがっていると思っていますよ。

読者のみなさんは、ブログの文章から活力旺盛なヤメ研像を想像していらっしゃるとは思うのですが、
リアルでの私は、レストランに入って席についても、店員さんから気づかれないまま10分くらい放置された後に
「あ、申し訳ありません! お伺いしていませんでしたか?」と言われてしまうことが日常茶飯事なくらい、
ステルス体質なので、仮に会ったとしても存在感がなさすぎて、おそらくがっかりされるのではと思います。

私が弁理士ではなく、麻雀の打ち手やバスケの選手、スナイパーやアサシンを志望していたら、この存在感のなさが大いに役立ったのかもしれませんが…。

本当にヘタレな性格で申し訳ありません。トイレに自分を流してしまいたい気分です…。
#109 とことん様ご返信ありがとうございます
とことん様ご返信ありがとうございます。

> ヤメ研さんの場合、多くのLECの講座を受けていたようだったので、自分のように特定の講座しか受けていない身としては、どうもこれだけでいいのかと心配になってしまいました・・・

私は多くの講座を受けましたが、結局1回もやっていない講座も数多くあります。
ただ、これらの講座の問題で論文アドバンステキストに載っていない問題はほとんどなく、
大抵アドバンスの問題の変形例にすぎませんでした。
結局、論文アドバンステキスト⇄問題演習の往復学習が一番効果的だったように思います。

> アドヴァンス、サマライズ、模擬試験をひたすら解きなおして本番迎えようかと思っています。

お金と時間に余裕があるようでしたら、本試験の直前に直前答練や模擬試験などを生で受けておいたほうがよいと思います。本試験は問題量の割に制限時間が短く、短時間で得点になる記載をしないといけないのと、時々隣の席の人がボールペンを叩く音が凄まじく、予想外のプレッシャーにさらされる可能性があるので事前に慣れておいたほうがよいと思います。

> と思いつつも「青本の要点チェック講座」など、興味をそそられる講座はありかすが、これは受けたほうが良いという講座はありますか?

江口先生の論文実践力完成講座(事例編)を受けられたのでしたら、江口先生のレジュメであるパーツブックはお持ちでしょうか? 江口先生によると、パーツブックは試験で問われる青本の要点が全て記載されているとのことです。パーツブックは一見ごちゃごちゃして見にくいですが、使いこむとかなり役立ちます。

私の場合、問題を解いた後はパーツブックで必ずチェックして、仕事の行き帰りの電車の中でひたすら覚えました。パーツブックは青本のキーワードがコンパクトにまとめられているので、制限時間の厳しい論文試験や口述試験ではかなり役立ちました。また、一行問題対策も結局パーツブックの趣旨を覚えるだけで十分に対応できました。

あと、問題演習と並行して典型パターンレジュメも研究すると解法パターンが見えてくるのでおすすめです。この問題はあのパターンの変形例だな、といった感じに面白いほど解法が見えてくるようになります。

結局、心中するつもりで1つの講座の徹底活用+問題演習+模擬試験(または直前答練)で十分合格できる力が身に付くのではないかと思います。私の経験からいっても、結局役に立たなかった講座のほうがはるかに多いです(特に単発講座)。特に、LECの講座はアリ地獄のようなものなので要注意です。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。