FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わたしの、最高の受験友達

「どうして?…どうしてなの?

 何度受験しても、弁理士試験に合格できない・・・」



:::::|;;;;:::::::::::::|'|;::::::||;;:::::::::::/'  |;|   `|;:::::/ `'|ー'"´   `|/    |′|:::;イ;;;;;;;:
::::::|;;;;::::::::::;|: |;::::{ |;;;::::::::/  |;l ,./   |;:/   |      /′    ,,. |:/|!;;;;;;;;:
;::::::|;;;;;:::::::;|: |;:::|' |;;;;::::/ _,,..|!‐'′  |/   !            ,.イ!'/' ||;;;;;;;:
;;::::::|;;;;;;::::;|:  |;:;|_,.」-‐i'"´ /     /′       ‐;ニ,,:ィ彡'"、.;‐- ||;;;;;;::
;;;::::::l、;;;;:_|_,.-‐i''|  |;;/         ′       `ソ"´,、ヽミ;ヾ'  }l;;;;;::
;;;::::::_;l-‐'|:   l、!  |′    ,、              ′:、` \     |};;;;::
;;;;:;:::::::ヾ;|:   |′    -‐彡'                ヽ      ,ノ';;;;:::
;;;;;;::;;:::::ヾ;      _,,.:ィ彡'′            、,           ,イ';;;;;;;:::
;;;;;;;;;;;;;;;;:::ヽ;≠三テ''彡'"´   、 、,_           `          ,/;:|;;;;;;;;::::
;;;;;;;;;;;;;;;;;:;::::\ 、`il′\, ヾ、ヽ、\`                 /;;;;;;::|;;;;;;::::::
;;;;;;;;;;;;;;;;;;::;;:::::ヽ, ヾ{ト、\,_`ヽミ ``          ,.-     ,.イ;;;;;;;;;;:::|;;;;;;:::::::
、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::\ lト ``            ,.-‐'´     ,/:,/;;;;;;;;;;;::::|;;;;;;::::::::
`ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::ヾi、    __,.-─‐- 、..,_     /:.:./;;;;;;;;;;:::::/|;;;;;::::::::
:.:_;.>、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::`ミ;´ ̄: : : : : : : : : : : : ``'ー<;.:.:/;;;;;;;;;;;;:::::://;;;;;:::::::::


「いいえ。私の戦場は今年じゃない・・・

 繰り返す・・・私は何度でも繰り返す!

 同じ試験を何度も巡り、たった一度の合格を探る

 絶望の受験生活から抜け出す道を・・・」



「ほむらちゃんが『不合格』っていうのは、ホント?

 どうしてそうまでして、弁理士試験を受験するの?」



                    / ,/  / /|/   / /   |/   ヽ
                      /  / /     / /    |      ヽ、
                      .| / | |    / /|   ィ|       ヽ
                      .レ'/ } ,!   /'´, | _ / |/ /       ヽ
                ,. ---、   ヽ| /|  / __,/| ,X_| ,/    ,     l
          /`ー_‐' ´     ヽ  >/ |  /|フ==`ヾ|  ,X    /     |
          /    ̄`ヽ、     | /|  /lヾ( ,r//リ |`//| \ /      .|
          |  __    ヽ  i  |ヽ ,|  /リ ゞ,.,-'´ '´/ |  /       ト、
         ,|r-'´      |  |,ノ  V /          .| /| i  /   / `>
        / /        |  .r'´ヽ  ヾ  _        ´、 ,|/ヽ /   ィ /
       / /        /  |  .|  |  ヾ 、  '  ,r‐/'Yリ )|/  /  / .|ノr'
      / /      |  /_,.,.r'´   レ'´_>、     ヾr‐'´,.イ| ,イ  ∧  |
    ,/'´        | /    ,.r'´,.r`ヽ,/  `ヽ 、 ___ ,r '´ /// | /  ヽ |リ
_,.. -イ           |/ ̄`ヽ7/ ,}´    ヽ   }  |   / |/  |/ .|  /
  /            |'  /∧,<|      >  |  レ| ./| /|  /l| | /
 /             | r'´ /  / |    /    ヽ  .| / レ' | / ,| .レ'
/   ,...  _         /  V/ ト-r'´    _____ヽ !'     '´
_,.rA‐'‐‐`´‐ヽ-、    /      ヽ |イ ,. --     /
--'´ ̄ ̄ ̄ `ヽ`ヽ7 ,/  ,r' ̄ ̄ ̄'´ヽ、  /    /
          \\| r'         `Y    /



「合格を否定したとして

 君は僕の言葉を信じるかい?

 今さら言葉にして説くまでもない

 その目で見届けてあげるといい――

 『最終合格』を前にして

 弁理士受験生・暁美ほむらがどこまでやれるか」



         {`_ヽ、
         l!  \``ヽ、               _, -≠ニ了
           !    \  ヽ、         , - ' ´<   ./
          '     >    ̄ ̄ ̄ ̄ `¬ /     /
          ',  /                \ヽ     /
           ∨/                  ' ,∨ /
           //   _          _    ', ∨
            //  / rz0,          / rz0,   ', ヘ
          i {   乂塁ノ           乂塁ノ   i ',
         l :{                       ::}, ヘ
           l l::.',                   .::/:::, ',
.           l l::::::\      ヽ-'ヽ-'゙      ..::::/:::::::', i
           l l::::::::::::≧、_          ......::_::; イ::::::::::::',. i
        l l::::::::::::::::l   ̄ 7¬==¬  ̄i´   .l:::::::::::::::', l
        //::::::::::::::::l    /:::::::::::::::::::::::: ' ' l    l::::::::::::::::i. l
.       i i::::::::::::::::::l   .i::::::::::::::::::::/   i    l::::::::::::::::l. l
___   .l l:::::::::::::::: :l   l:::::::;:::::::::::::l   / .l    .l:::::::::::::::::i. l ___
ゝ、_ =ニ¬l l:::::::::::::::::::l   l::::::ヘ::::::::::::l  .i  ト、  .}:::::::::::::::::l├¬冖冖つ ゙ >
    ̄`ヽ、`ヽ、::::::::::::: :ト、   l::::::::::i:::::::::::l.  /   >"<}:::::::::::::::::l }ー==彡 ''



「いざとなれば、今年度の試験もまた無為にして

 ほむらは受験し続けるだろう

 何度でも、性懲りもなく

 この無意味な『受験の連鎖』を繰り返すんだろうね

 もはや、今の彼女にとって

 受験で立ち止まることと、合格を諦めることは、同義だ」


                                     __
                              -‐ニ ┤
                       _  -‐ ´ /   }
                 __ /´        `ヽ、  j
             _ -‐二 ─ァ         (:.r:.) ヽノ
            く  ̄   /   (:.r:.)          ヽ\
                  \  / /         、_,    } ヽ
                   ヽ/   {       ー´       ノ  ヽ
               /   ハ               イ     ヽ
               ,′   | ゝ           / l     ヽ_┐
          _    l    ├─`ー ┬-    l´   l     ヽ //
         \ヽミヽ/     !     l        !    l     /ヘ
   /⌒     ヽ\〃ミヽ、 j     ,'      l\  ∧_ // ゚ \
  /  (       `ノ    \、    l       \/レ-< 、 ゚、_ _ )
 /   \     /o      ノヽ\  ハ  i     ヾ、:..ヽ \゚`ヽ、  \
 {    r‐` ̄ / o  o / `ー┘ { {  |       `"ヽ `ヽ、_)`ー--'
 、    ゝ-/   /  /         ! 丶 {          ヽ
  \    'ー─/__ /       / l  ∨    /       }
    \     ´      _ -‐ ´    l  {   ∧       ノ
     ` ー─--  -─ ´       ((l,  H   ト、ゝ─ ´ /
                        〉 ハ / (r  , '´
                       ゝノ/ ノ   ̄'
                              ̄


「何もかもが無駄だった・・・と――

 決して『不合格の運命』を変えられないと確信した

 その瞬間に、暁美ほむらは絶望に負けて

 1.『今年の短答のボーダーは45点』

 2.『論点を一つでも落としたら論文即死』

 3.『口述で雑談まで行ってもC判定になる』

 といった真っ赤な嘘情報を

 2○hに書き込んでは受験生を嘆かせる

 『グリーフシード(嘆きの種)』へと変わるだろう」



      ', ';:.:.:.:.:.\                         /.:.:.:.:.:;' ,'
      ', ';:.:.:.:. /                        \ .:.:.:.:;' ,'
,   ´ ̄∨.:.:/                        \:.:.∨ ̄`   、
     / .:                            :. \
   . ; '  /                            ':   丶: .
 . : /   ;     , .::;;;;::. 、              , .::;;;;::. 、     ;   ヽ: .
.:.:.:/   i:   イ .;'⌒しハ             イ .;'⌒しハ   .:i    ':.:.:.
:.:/    :|:.   人:ヽ...ノ.:ノ                人:ヽ...ノ.:ノ   .:|:     ':.:
/    :.|:.     `''ー ´              `''ー ´    :|.:     '
     .:.:.|;:                                 .:;|.:.:.
    .:.:.:.ll:.                                  .:ll.:.:.:.
   .:.:.:.:八: .                               . :八:.:.:.:.
   .:.:.:./.:.:..\: .         'ー‐'^'ー‐'          . :/.:.:.ヽ:.:.:.:.
  .:.:.:/.:.:.:.:.:.:. \ : : . .                      . . : : / .:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.


「彼女自身も分かってるんだ

 だから選択肢なんてない

 合格可能性のあるなしにかかわらず

 ほむらは受験するしかないんだよ

 そうさ――過去の全ての受験生ブロガー達と同じだよ

 まどか、君だって一緒に『弁理士ストリート』で

 見ただろう?」



             ,.           |ヽ  /l|
            / |  _,.. --'´ ̄ ̄ `ー-v'___,.||
        ||\  | ノ ´            \,||\
        ,.||-- Y´                 ヽ、ヽ、
       /  l /       l l、   ヽ  ヽ     r-=-
      ./  V       ./| | ヽ  .|、   ト    ヽ \
     /   |     i  ./ | /  ヽ  |_、  |ヽ    lヽ、|`ヾ、
     /,イ   |     | / ,.|/   ヽ |`ゝ-|-ヽゝ  | ヽ| .|
    / / ,i  ヽ    /l,./'´ l'    ヽ!  ヽ!  ヽ|ヽ |  | |
     / /|   、  | /l/         , ---、  | |ヽ|  |ヽ|
     | / |   ヽ ,r |/  ,.-‐-           | | |  |
     |/ |     { Y、 、、、     ,   、、、  | | ハ |
     |  |  ハ  /r,{ ヽ      __ ,    ,/l | ,.| V
       | / ,|/ v| |`゙ - 、__    _ ,.イ_  v V
       |/      V  r-、,r<|__ニ__====|-r--'´ ̄ヽ
             lヽ、/ / `ヽ、] > '/|- '´  |     ヽ
             | ,> `ー――'  ト|   /      |
             /,} /        ヽ ヽ /| /    |
            / //  O     O  .l Y |/     |
          __ ,{ /.{          ∧  V__     ヽ
         /ヽ=-y /ヽ、   ー-'  / r´=_=='´  ___  )
        ヽ  ,y`-A  /`ー―i' __   ̄ヘ  ゙、  ̄   /
          Vr-/ ̄`ヽ<_}´| ̄ ̄ |\   ゙、 ゙、   K
         /, チ/    //r=ヽ、_ ,|  \  ゙、oo,> /
        ーラ, |    ///    `ヽ、__,||,.|,|,.|V´ /
         ,| {r.|    | |<         ヽ-   /


「仕方ないよ。彼女には弁理士試験は荷が重すぎた・・・

 受験を諦めたらそれまでだ

 でも、君なら運命を変えられる

 避けようのない不合格も、嘆きも

 全て君が覆せばいい

 そのための『真の論文コア知識』を構築する力が

 君には備わっているんだから!」


.  __                  _
/  _`ヽ                  ∧\
  /  `ヽ              i___〉、.\_  /ヽ
. /                  / /:::::::::::::::::::`ヽ i
 i                    /  /:::::::::::●:::::::::::::::.
 l              _  /  /::::::::::::::::::::::,   ●}
  `ヽ          (  ̄ `ヽ、 .∧::::::::::::::::::::::`⌒′/
    丶         > ´  .У \::::::::::::::::::::::::/{__
::.          _,.- ".    .厶〉./::::::::::┬= T  ∨ )
:::::.    i   と´_   ・ .∠ -‐´::::::::::::  !. (__ -‐__ ´
::::::::.    `ー== _と_,ィ ./         |  |  ̄  ',
::::::::::::::::...................... `ヽi/      |  / /:::j.  ',    \
::::::::::::::::::::::::;:  -‐- 、 /:::  `ヽ::::::::i  |_ノ:::/   \)\)\)
`ー--‐‐ ´      {::::::..   i::::::::',  |';:::. i
               ∧:::::::::::::::ノ:::::::∧ .| ';:.|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


「だから、僕と契約して『受講生』になってよ!!

 今なら最大35%割引の『限定タイムセール』や

 『eクーポン大作戦』もあって、大変お得だよ!」



          l:i::::::::i::::::::/|:::::/ |::::::::| ヽ::::::{ヽ::::::i、:::ト;;:::i:::::::::::::i:::::|
         .l::i::::::::i‐ -|、_|::/  l:::::|  ヽ:::{ ヽ::_|,ゝ、ヽi:::::::::::::i:::::|
         |:::l:::::::::l:::::|_V_ー-゙、::|  --七'_´_ヾ__ ヽ l:::::::::::::i:::/
         .|::::ll::::::::|、::| /,;;c,゙ヽ  V    ´ /;;;c ヽ |::::::::::::::i::l
         l::::::|::::::::| V 弋=,リ        弋=,リ   l:::::::::::::::i:{
        l::::::::l:::::::::|  ー―        ー―   .|::::::::::::::i:l
        /:::::::::l:::::::::}        '        r,-,!::::::::::::::i:|
       /:::::::::::l:::::::::ゝ、       r - 、    //;;;|::::::::::::::::::|
       /::::::::::::::l:::::::::::::::`ヽ、    `ー   ,/ /;;;;;|::::::::::::::r―.、
       /:::::::::::::::::l:::::::::::::ヽ // `゙ 、 _ , ' , /;;;;;;;;;;|:i::::::::::/    ヽ
     /:::::::::::::::::::::∧:::::::::V/;;;;;;;;;;;;;;;;;;/A < };;;;;;;;;;;;;;;; :li:::::::::/    ヽ
    /:::::::イ::::::::::::/  ヽ::::::ヽ ー―---,,,-- 、 _____// ;:l|::::::/      ヽ
   /::::::/ /::::::::::〈、    \:::::r―-rr ,.A 、 __   // リl:::::/      ,.|
  /::::::/ /::::::::::::::::}ヽ    |iヽ:: V./// | | |;;;`ー//   l:::/     /,.ヘ
 /:::::::/ /::::::::::::::::/ ヽヽ   ||;;;;;7>X/ i | | |;;;;;;;;//    レ    , -,.イ::::::::ヽ
./:::::::/ /:::::::::::::::://  ヽヽ  ||;;;// /  | | ||;;;;;;//     ,. - ' ,イ´ | ヽ:::::::::ヽ
::::::::/ /::::::::::::::::/'    ヽヽ lV/ /   .| | ||;;;//   ,. -' イ´    |  ヽ:::::::::ヽ
:::::/./::イ::::::::::::/       >ヾ/ /   .レ .||レ/ ,. イ イ /    ヽ |  ヽ::::::::::ヽ
  /:://:::::::::r,'     /  /::::::l_/\  / |V<,> '´  | /      ヾ   ヽ:::::::::::ヽ
. /:://::::::::/      l /::::::::::::::::::::::::ヾ<       l/       l    ヽ-:、::::::ヽ
/:://::::::::/       ,レ:::::::::::::::::::::::::::::::::::\     /        }     \  ` ー‐,
:://::::::::/        |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\__  /         |       \   /
//:::::::/        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、 ,}          |        ヾ ̄
/:::::::/        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  !          !         \

「まどか! 江○の言葉に、耳を貸しちゃダメぇ!!

 騙されないで! 搾取されてL□Cの思うツボよ!!

 だめえぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇっ!!」



                                         /,イ ,
                            - ──── -       ///| ‘,
              ─ 、     -'"              ` <////| ‘
             { (⌒ \/                    ` く//j  ‘
_            \\/             _   ァ ''"´ ̄ ̄¨'''   У   ::|
     `   、       X \         /  /            \:ノ
       \     /  \丶      /    "                    \
 ヽ:::...     \/       \\ 〆\  /     γ⌒o            、
   \:::::::...   /        \\_j |  ′     弋  り
::...    Y::::: /          / \_丿 |        `¨´               ゙
:::::::::.... i_/ O           /                                i ̄ \
::::::γ´       O     /    _   λ                          \
:::::::{___/     O  / ,..-=く               (               j     /
:::::::::::::::::}/          イ/ヾi:i:i:i:}      ゙      `て__,  γ⌒o    .′ /
::::::::::: /           //   ノi:i:i/         \         弋  り   / ̄
::::::::::(_,....-=彡'′ //{_/i:i/           /\           `¨´  /
─--::y':::::::::::/   //i:i:i:i:i:i:i:i/   i      /   `              /
::::::::::::: \::::::: ̄::::/{i:i:i:i:i:i:i:/     |     r' {         i ー───r''´
:::::::::::::::: : \:::::/:::......ー一"     |     | |         |     !
:::::::::::::::::::::::: У:::::::......          !     | |         |       ‘
::::::::::::::::::::::::/:::::::.............       ̄\   ! |        !      \
:::::::::::::::::::::::{:::::::::::::::................       }    | |       ゞ        \



「数多の世界の運命を束ね、

 因果な受験生ブロガーの『特異点』となった君なら

 どんな途方もない望みだろうと叶えられるだろう

 さあ、鹿目まどか――

 その魂を代価にして、君は何を願う?」



                    _ _  _            /|l
                ー=ニ_: :-: : : : : : : :`,,-=- 、   /  .||
                 ,. :´: : : : : : : : : : : : |l: : : :_>-='ー-.ll
                /: : : : : : : : : : : : : : : :|l : :/: : : : :\: : :::\
                  /; : : : /: : : : : : : :,: : : : : :|l: |: : : : : : : ヽ; ::::::::\
              //: ー/,!_: : : : : : :,i: : : : : : |l,|: : : : : : : : : i:::::::::::::::i,
                 _|: / i: :゛: : : : :,i: : : : : : : ::|: : ; : : : : : : ::::::::::::::::::i‐- _
             l ̄ |/-=,,_|.: : :/: : :,i.: : : :.:.:::::::::|: : |: : : : : : : ::::::::::::::::::::;::::::::ニ=-
             |       |: : /: : :,iー.,::::::::::::::::::|: : |: : : : : : : :::::::::::::::::::::| ̄
            〈      |/|: : :,i  )i: :.:::::::::::::|: : |: : : : : : : ::::::::::::::l::::::|
               |`      |: : :i ´ リ::::::::::::::::::|: : |: : :: : : : :::::::::::::::l::::::|
              |       |: : :i‐i::':::::::::::::::::::::::i: :/:i; : ::: : : :::::::::l:::::l::::::|
.               弋 ._     |: : i  'i:::::::::::::::::::::::i'://i; : :::::.::::::::::l::::::l::::/
                 `ヽ. |: : i  '-、::::::::::/i/:|  i; : ::::::::::::::l::::::l::/
              _,、-、_    t|.: :i‐‐--=ニi_/::::::::::|   i; : ::::::::::::l:::::::/
            ri^l i | | />ー´|: :i=, 、_ 〈: : :/|:::/    i; :::::::::::::l::::/|
           ヒ'   ' `/    i; i  ヾ 、 ̄ i∨. |/    i: :::::::::::l;::::::|
            〉、,._ /.       i;.i   ヾ、  'i,       i::::::::::::/乂;匕
           /:::γ‐'      乂   ヽ,  'i,       /:::::::::/
             / / ..::::..             i,  i       /::::::/
          /-,斗 .:::::::::::.              .::ー,i.    乂_/
        /...::ノ~  ::::::::::::::..        .:::::::::::/     ̄
       / .::/    ::::::::::::::.   _ /:::::::::::/
   γ ´ ./           r::´:::::::::::::::::::::::/
    /  /             _,,,=-'':::::::::::::::::::::::::::/
.   /            _,,,=-''':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  |       __,,,=-''':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
   ー--‐'''  |      ::::::::::::::::::::::::::::::::::/
           |      ::::::::::::::::::::::::::::::::/
          |      :::::::::::::::::::::::::::::/\
          |      ::::::::::::::::::::::::::/::::::::|
.            |      :::::::::::::::::::::::::::::::::::::!、
             |       ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
           |     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\_
          |       :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/三\
.            |     ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.三.三.\



「――――――――――!

 その祈りは――そんな祈りが叶うとすれば

 それは『弁スト・マーフィーの法則』への

 干渉なんてレベルじゃない!

 受験生ブロガーの因果律そのものに対する反逆だ!」



 〉     \\            `ヽ/  /::::::::::::::::/
/´ ̄ ̄                     /:::::::::::::::::::/
     /                    ヽ::::::::::::/
    ./                       :::::::/
   /                         V
  ./     /v⌒;                  i
  /       弋__ン                /⌒;     |
 ,′                         辷ン   ∧
/ .\                        /  ',
   \         、               /    ',
     >         ー 'ヽ __ノ        /     ',
   /    ≧ュ ..            <|        ',
  /           `   ̄ ̄  ´      i}        i


「は――――――――――!

 君は、本当に――――――

 弁理士受験生の『神』になるつもりかい?」



                      ┌‐ .。.,__/\
                            ヽ 丶
     「\         _,...  .,.  .,_ ヽ     |  }
     |  \    _,..´ -―-v-―- `}  ..,  |  /
    ヘ、  ,.≧⇒'゙´           ヽ、 {    ヽリ /⌒ヽ
   〈  ヽ  ー=彡'´   /       \〉、  イ´ ̄〉  \
    ヽ /ヽ /     ′   /  ;.   ヾ   人 /     \
    /  _У    /    /  .゙ ;  ヾヽイ>'゙´Y   /    \
  < ̄ ̄   /  ,:  ′ /,  /  / j   i У  /  /  | ヽ⌒ヽ
   /\__/ 〃  /  ///|  / | ハ   从  /  イ    |  i
  ′// / / j  |‐''7フ  | 〃 √「¨''メ< ̄}/〃    |ヽ |
 // //〃/{ ! | | /x=、 }/   ,ヶ==ミx、 `/、 / ;     |_,ハ|
   // |/ ヘ  ∧Y r'_ソ}     r'゙_ソ バ /〈 |! /   /   j!
     / /{  ∨ ハ  ゞ‐'      ゞ‐-'   /νハ{   〃
    ノイ     / 八 """"   '   """/  /_,.イ / ヽ /
           / //>    `   ´  / /   j/  У
.          / /    r―-≧=‐=≦ //>‐=ミ、
.        /   ,.-┴<二>―r 、/ヾ´ 〆  ',
          /   〃 /tニニヽ、} } ∨
         /    〃, {_r┐ゝゝ'ゝ' /    八
         (´     トイ |  |   //         ヽ、
        \    ヾ辷|  !   勹    ,. -‐   )
           仁ニユ/イゝ= }_,.。匕ヽ____,..。- ゙´
            /    / ゞ-/― '´ヽノ――-く
         ~⌒7-‐'゙´{_/イゝ.._}~7⌒ゝr~}
         | /   / |!   ∨    /⌒


「神様でも何でもいい!

 今日まで弁理士試験と戦ってきたみんなを

 希望を信じた受験仲間を

 私は泣かせたくない!

 最後まで笑顔でいてほしい

 これが私の祈り、私の願い!

 さあ! 叶えてよ、インキュベーター!!」



Kalafina のBGM「ひかりふる」スタート)


ひかりが

夢のような歌が

君の頬を濡らし

やわらかな空

遠くまで行く

小さな心一つだけで

まだ震える翼で♪



(↓)短答試験で即死したマミさんと語りあうまどか

          __................__               /./   \ _____
       _,,rc~;';';': . , ; ;';';';';';';';';7      __,----丶/ /,-v~.~:~.~.`ヽ   /
     _rー-~弋_'_'_'_'_'_'_'..'..' '-〈、.       l  |     ゞ⌒.~.~:~: .丶. : . .\ \
   /      (  ) __      \     〉~..\    〉 . :丶、. : . : .\. : : `,~
  彡_  /  (⌒フ⌒゙く__)  .     \   /. .: . : .\  i . : . : . :`丶: . : .\. :.ハ
   /  /   .`人__ス /      \ /. . : . : . : .\ ヘ. : \.: . : . : . : . :. \: }
  ノi ./   /〈___人__ノ/         i.: l. : . : . i. : . :/ |: . : ..\: : .\ : : : :\:\
   |ハレー-ミ、,, i .ノゝ、i'         / ; | l. :、 : . :l . :/  | : .\'. :\ : .\:\:\}'
.   /_,,,__   ヾ< (6|    / フメ_.ノ / i{ l :-.ヘ- iヘ/____ |ヘ.'.\: . :\: .\:\V
   ( ㍉_`\ ./ \{,   //,,ュュ´,ィノ /{ l、: .|__\i ヽ|. :\|ソ\: \:. :\:ゝヾ
.   /~´⌒丶`l'   ヾ  リ'ヾ´rソ'/   ノ リ リヘ 'ャi`ゝ.| . : :|\  ヽ'.| \く
  〈 r〈て~`丶/|__    ∨   ` (       丿~´  |'l. . :|  ヽ  |ヘ-、
  弋i, 〉`~フ |   `ヽト   '、_.. ´        ` 、_. l |. :.|l___,,,,ゝ-' ノ、. i
.  // |/~´ |v---,,_  > ヽ.. ´             `丶、人ノ|_,--=ニ|  ノ-、
 〈 ./ 〈|  /    `i<ヘヘ                !ノ  //~    \ \〈
. 乂  し /      .|\\                .〆i´  丶   }\〈
     /´/     |  ヘl丶             / i|丶  一-__!_ ~
     \        |     ヽ          //VV|        〉
      丶/    /、     )         i <l.|  \_____/
       |ニニニ/   ` 〟 _ノ         'i <l|    丶 ___|
      _/   /ニニニニニニi            i <l|    / ̄'. .' \
      |`---´/:|':':':':':':':':|:':':':':i             i <l|     ~!~~¨~´!~



「合格の希望を抱くのが間違いだなんて言われたら

 私、そんなのは違うって

 何度でもそう言い返せます

 きっと、いつまでも言い張れます!」



明日へ

懐かしい昨日へ

この指で結んだ小さな約束を

叶えに行こう♪



(↓)三振して絶望する名も無き弁理士受験生甲

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'''''''
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'''''''
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''''''
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''''''
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'''''
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'''''       ,.:ァ,
;;;;;;;;;;;;'''''    ,,,;;;;;;;;;;;,,  /: : :{'゙:乂,,..'二二ヽ、
;;'''''      ,;;;;;;;;;;;;;;;;;;; .i: : : :`¨¨´: : : : : : : : ::`ヽ
        ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/゙: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ハ
        ';;;;;;;;;;;;;;;;;{: : : : : : : : : n: : : : : : : : : : : }
        ,;;;;;;;;;;;;;;;,。ゝ,: : : : : : : |.|: : : _: : : : : ::i
         ,;;;;;;;;;;.'''''  弋: : : : : ::U、_,,.: : : : : :;i
      ;;;;;;;;;;;;;>:、    ゝ。,,: : :γ''ー-i,.、'''ー-,‐'
      ;;;;;;;;;/   \ ヽ、 λ_:::(_.   人, ゙'/
      ;;;;;;/   / ヽ,λ ゙i,`´.  '゙  ,:'´
      ;;;;/ /    } /i, .ゞ、''  ¨¨
       ;;;;i i      i/ .゙iγ´`ヽ
       ;;;i  ゙i,  、  i ト'゙!、/、゙iノ
       ;;i゙i,  }   ヽ k_,/  ハ}
       ;;i .゙i, .i     |'     .}         ,。-、-、
       ;i  .゙i,.!,     ゙i,   , 丿      /   } }
       ;i  .゙i,゙i,   '゙  i  リ'゙     /  ,:   i i
        i   ゙i,.゙i,     ./ |  ,,。┐゙   ./    .i |
三三三三三゙i,   ゙i, \___,/./.ヒ,,/゙  i  / ,i    iヽ,|
       .三゙i,   ゝ- ‐'/  |/   .ヤ'   i    .,i . .|
        三゙i,  /三三三三\----゙i,  .{    ,i   |
        三゙i,/三      三三>、 ム/i    ,i  |
         三三         三三三 \__/、,,__|
                         三三>=ニ三三三三三三



「あなた達、弁理士受験生の祈りを、

 絶望で終わらせたりしない!

 だから・・・お願い

 最後まで、自分を信じて!!」



/   /      /ヽ     /      \
    /         / λ   /         ヽ
  /  /     /   |\/               ,
    /     /   |  \    ,       ′
    /    /    /   ヽ   .′  /   ;   \
           / イ     i  /   ,イ   ⅰ i⌒ヽ
     /   / .′}    ¦ ハ _,..斗―-  | |
   /   /,゙ / /j ___」 / ノ「  /\   ;i |
  /   /、 ゙ / ,イと|/   /  j_,.∠..,,_ ヽ 从 |
//  , λ゙゛ //ゝ、_|   |   〆´,ζ´`ハ/  ソ
. / // λ /    !    |  ′ ん′ (
////  ノハ           |    ::::`   ヽ
  /     |        !  |       /
    r―くヽ|      八   |  丶 _
   }   7⌒――――个   |   , ´
   {   ハ‐――――┤ ヽ |ーく {
 __,ゝ イ /-―――-x个、 '{  `
 〉_///        `ヽ \.,_
  / //     /    ゛, ヾ`ヽ
  ⌒7 /    /      ハ  ゞ勹ヘ、



時の終わりで

君に会えるその日を胸に

願いだけになって

遠ざかる未来まで♪



(↓)口述試験でクマに理不尽に虐殺された名も無き弁理士受験生乙

                             ,, - /               \
⌒ー‐=ミ、                   ζ --´─--'-- 、              \j}
_    \ー──--=ミ              /          :::\_,,,..::::
  ¨¨¨ミ::..._\       |ii:、   -====--y       ミ  __ j}::  ::`ー―- ミ,,     \
    \、  ミ\        く       /      ミ iト辷刋!   |ヾr──   ̄
              \       |ii、    /          じ匕り′  :V ヽ
               \       |ii、>/       ,           :: ̄了,/`ー
     ...           `ー=ミ  |ii、/ -‐r    :::::           :::: 斗′
::::::::::::::::::::      \      \  |    {_|                 く      ,,ノ
::::::::::::             \      \|                       :::::ヽ/ ̄ ̄
            ヽ  \      \      ミ    、、      ..:::::/./
                           Y   i!   ミ /勿てrj!    f7..:::彡イ
              |::        i   i!;  ミji:::ト-万′   〃..::f     /
              i:::..        }  ji;   ∩匕り'   ノ:::::::::} ....:::/
     ̄¨¨¨ミッ    j::::::       /       じ        /}..:::/
       .....∠ }_         ....ム -─-- ...__     ┌─‐__/ヽ_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      /          ̄ ̄ ̄   ̄      ヽ   ̄`ー..、 { \| |ィ}::::::::::::::::::::::::::::::::::
     /.................................:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.......   ミ、-、__) ノ  } j::/



「大丈夫! 私の願いは

 全ての弁理士受験生が合格して幸せになること!

 本当にそれが叶ったんだとしたら

 私だって・・・もう絶望する必要なんて、ない!!」



                  /.:/    /        /;::::::-‐¬: : : ̄: : : : .、
<            /.:/    /        -=≦,: : : : : : : : : : : : : : : : : : : . .
  `゙'<         /.:/    /         /: : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : :`ヽ
      `゙'<    ./.:/    /.         /: : ; : :/: / : : : : : : : : : : : : : : : ;>¬
         `゙'</.:/    /        _/: : /;/: :.:/:..: :.:/: : : : : : : : : : :/ : ::::::|/::::
.             /.:/    /       ,:' :,ィ /: :∧/´i: : : /: : : |: : : : : : .:/ ::::::::::::/`¨ヽ
.         /.:/    /゙'<    .//://: ァ-、'`   !: .:∧: : : | i : : |: : :| :::::::::::/: : : : : :
.           /.:/    /   `゙'<..>'´` 、/ /:》   |: /ー-― |.:!: : :j: .:/::::::::::::i: : : : : : :
―――――/.:/    /―――― ァ十 と.y' {:/    .Ⅵ--、ヾ`7: :.:/: /:::::::::::::/: : : : : : :
. ,.-‐-、   /.:/    /.         ∧ヾ=っ{  .      /:∧∨i: :/: 圦::::::::::::i: : : : : : : :
/  ,:´ ̄ `¨  、 ..__/`ヽ        ̄\|ヘ         {:J:∧ }/ :/ 厶::::::/! : : : : : : :
廴/              ` `ヽー―――ァ___|i_:\ `,-'⌒⌒´`ヽ--'、:〃/ヽ!:::::::::::∨: : : : : :
  〉、             }       \    ̄`¨'ー==、-┐`´ヽ.\__,. |::::::::::::::∨: : : :/
. i  `  、 ___,... <  ∧:.      \        ヾ'`Y   :) ∨Y!::::::::::::::丿: : :/
. /\                 j ..i::         \           ∨ヾ :(  } .j `ーァ'´¨: : : :/
..{  `ヽ、           |         /           ∨)  :). //  //', : : /
/\   `   ― 、   /         /         /〈  / //   ´ . ',: /
\ ` 、           .,' : : : : : : : : : : /       ノ /孑'.///



私が何処にもいなくなっても

全てを照らす光の中

いつも君の側にいるから♪



「契約は成立だ!

 君の祈りは

 弁理士受験生ブロガー達の

 『負のエントロピー』を凌駕した!」





          ,.r '  ̄ ヽ、                         ,r '  ̄ ヽ
         ,/  ,. ;;;;;;;;i´`i ゙、                       /  ,,;;;;;;;;;;;i´`i゙、
         |  l;;;;;;;;;;;;;;i'´ |                       |  l;;;;;;;;;;;;;;i'´ |
          、  ヽ;;;;;;;ノ  /                        、  ヽ;;;;;;;ノ  / 
          ヽ、    ノ                         ヽ、    ノ 
             ̄ ̄                              ̄ ̄




                       ヽ____,--、__ノ





「さあ、解き放ってごらん!

 その新しい力を!!」



(↓)ハイパーアルティメットパワーを解放する女神まどか


     ::::::::::::.       〃⌒)(   ノ(__,/:/ | ;( 
     ::::::::::::::.    /.{-‐//i }ニ〃:|:\/ :{  i|ノ:: ) ノト、           __ .::::
     :::::::::::::::::. // .:|´/.:{//  {{ :ノ:/\|  i|:::/:::::::ノノ )_ノY⌒V⌒Y´⌒))::::
      :::::::::::::::://| .:::|/ .:::::/⌒'|( (  ノノ_ノノム-ミ:≪V⌒i |ー‐ノ ノ(__彡 .:::::
     :::::::::::::( (  | ::::| ::::/ . : 人ミー'" ̄  `⌒㍉\ \,ノ | ̄ ̄   / :::::::
     ::::::::::::::::\`八 :::|/⌒\/ 八\x‐    - 、 八 )j⌒乂__,,. イ__.:::::::::
      ::::::::::::::::::::::\ \|     | i { 〉xrt    trxヽムイ し'⌒≫  丿 .::::::::::::
     :::::::::::::::::::::::::::\ノ  _| i ∨代り  、 弋ソ〉从|八─《-=ニ /.:::::::::::::::
     ::::::::::::::::::::::::::::.(_彡⌒|八__乂=ミ       八;廴_\ノー=彡.:::::::::::::::::::
      ::::::::::::::::::::: /. : : : :/廴彡人 ノ ` ´    ムイ\'⌒))-───=ニ二
       :::::::::::::/. : : : :/ .;ノ|\ :ノ >r: - r<及_ノニニ7: : : : : : : :
        ::::::(. : : : : :_厂二|  \___ノフ7-| ,/二二二二〈__ 二二ニ=-‐
.           ̄厂二二二二7⌒ヽ/   ̄二フ⌒i二二ノノニニ〉   ((
      -==ニ二(二二二二二|: : : /      V  \ |二二二二/     ))
               ̄)二二ニノ  /| |_| |  |、〈⌒`ノニニニソ∨====彡
            _{ 二二/  { :| { | | i :| \〉〃ニニニ(────  _
.      -‐=ニ二 _乂二二二二|_ノ\_) :V|.:| /仄)ニニ厂─=ニ二 ̄
    ⌒\─-ミ     `ー=ニ二ノ \ \\/ /   ̄ ̄ 
    __廴_   \_      |<二 _,/ |`くV辷フ  ,/ ̄ ̄}__
       ─-\/ー-\/⌒\ノ ∠二| 廴ソ |⌒廴/⌒\/    └──
    ───────-ミ   /  に二二,ノ| |: /    / ̄ ̄\   /
               -=ニ二 ̄厂∨    / / 厂| |〃  -=ニ二 ̄ ̄ ̄ ̄\
        /       /   \ //i | し厂 ̄ 二=‐-ミ       \
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ // ̄ ̄\`7’/:| | /  \        \
           -=彡 〈三\   └'゚ | | \   \       \
       /__    ∨   \  | :/´し′  :\   \       \
       /(二二ニ\_丿____ノ\ |/    ____\   \      \
     /   \ニニ厂[二7¨⌒⌒V/  __ノi二二二ム     \      \
           }ニ/  |ニ∧     ⌒V⌒\  |/ ̄ ̄)ノ ̄ ̄ ̄`ヽ
    \     |/    |二∧      :|   廴乂_   _____}
    / ̄ ̄厂厂¨7二二∧    | _/\⌒ヽ_ノ二二二二二|
        /∨ /ニニニニ〉    |⌒   /ニ\ マ二二二二二リ
      :/   /ニニニニニ/     |   /二二 \∨ ̄ ̄}ニニ/



儚すぎて

消えて行きそうな世界

だけど君がいる

それだけで守りたいと思った♪



         i     |       八    ヾ、      \ \ ヽ、  ―-  _二ニ=-
         |      |      ,′ \ _,,-‐´ヾ弋, ̄    Y⌒`  `ゝ。_ ,xi〔
         l     |      ,′  /` 、 _ \ ` ー‐―┘  \    ̄-=-彡'
         ;     }      ,′       _..,,x≦㍉、 ゙:、\_  `>=ニ二ニ=孑≦、
  |         ;.     ハ     ,′        ハ㌻:::::::::ヘ   ヽ\  ``゙… - - ‐ ¨ ´
  |        ;.     j斗‐  /       ´^ _):::::::::::)ヽ   、 \
  |    ;    ;.   /! | \/             \ゝ- ゛ ノ  ー :、  \   __∠二ニ=x、
、 !    ゙:、   j /  ハ|                ー ´ 、`   :、  `<´
λ !    ゙:、  ,仆、 /  x≦不、              、ヽ       八   ヽ
::::|       〆 | ∨,イ´:::::::::::;ヘ      ..               /´ \ ; 丶
::::|  ゙:,     |i\|  /从_)、:::::::) }      :::`         /    ヽ|  }
::::|\ \    |\ヾ ^1 乂 `ー' , ′、ヽ             , i_       !  /
::::|  \ \  |  \     ー  、 `        、      ∠_ ̄`ヽ //     }
::::|   \(\i!   \    、ヽ          く ノ    ,イ    `ヽ、У'      /
::::|ヽ    ヽゞ'\    丶                 /:/!    、_/ `\    /   /
:::ハ ゙,     \ヽ\     :,               彡':/|           \,ヘ/  〃⌒
::l !        ー-ゝ   :,`ニ=――‐、―    ´/:::::/  !           〔\  {{
ノ  {           \   、     ヽ_,,,...-::‐::´:::::/              〕 ヾヽ



(↓)選択試験で敗退した名も無き弁理士受験生丙

               /i       .| \__
              i .i       γ< oヾ¨''ヽ、  ,
              .i ハ      //./.∧ oヽ,//,ベ' 乂、_
              .|  ,>、   i゙/////.∧. o ∨//,∧ヾー‐}
              i ´  `¨''fヽ/////.∧. o ∨__/∧i_ノ
              乂     リ. }///,。=''´  o  o ゙。ヾ{
  .x 、,,_           .ゝ、,,  ./ />´ o  ,,/,,`ヽ、‐ r'゙`i:、=、
   `'' .、`'' .、____       `| </ o,,,_,.ッ'',ヾ、心/ゝ-_;;_f`ヽ,ノ-、
    弋_`丶    `\      .i,  /i、_,ノノ  ヾ'  徒ム∨    }
      >-=,,_   (_  γ''∨ リ γ芯ム    Ⅵツ ゙iゝ、__ノ
      `¨'' :ッ   __,   ゙'' 、{ γ''=|  λⅥツ   ,  ' ' '.,!f´
         `¨¨''''>  ノ   > { ¨´ ,.ィ゙ ' ' ' '.   _   .,.ζ
              ̄'ー-ッ ヘ ゝ-ァ'`'ヘ、     '‐' ./ /゙}¨¨''、
          ノ`¨¨¨¨´ーr゙-‐ゝ=゙、   iミ' ェェ。,,.'ゝ-'::::::!:ヽノ
        x―'\    ,,i ,ィー- 。 ,,\○ )  ̄ 、  .λ::::__;:ィ'゙
        ゙ー-.、  \/´i /;;;|:::::::::::::::ミ::''イ    i,;-'´,,ノ=|爻ム
          _ i_,,   i/ゞ;;|:::::::::::::::::::`''::)、,_,,,。''´ __r゙  .ix.爻ム
.       ,.'゙/////ヽ /;;;::::::;`''=、:::::::::::_,,_ハ_,,_,,。-'゙|   |゙),=:、ム
     ,.'゙////////__}=ヘ,.::::::::::::::::弋_´,,.''ヽ,__ノζゝ,,_/ .)  .}`゙'';;
    <//////////;爻)、 ゝ、::〃::::::丶、\   ゙i;''i_ノ、,,  _ r゙__r<''ヽノ
     `¨¨¨¨¨¨ マ爻爻x\゙i;:::::::::::::::::::::::;;ヘ   ゙:、゙i_::::`´::`f'゙   ヽ{
            .マ爻爻爻Y_::::::::,,。,,ζ.ヽ-''゙  .{:::::::::::::i     i
              .マ爻爻i´  `'゙´   ゝ,=-'':、_/:゙i;:::::::/''i     }
               マζ゙7''ヘー''ー''ー''¨´ ゙、:::::::::::::::λ/ .,,{、   .丿
                Y .f゙  .ヽ      }、__::;。'' i!丿ヘ`¨¨´
                 `''゙丶,,  .゙、     !、_,,  ,,r゙´、゙:、'゙
                     `'' 、゙,      }_,,>-:、 ヽノ''´
                        .ゝ、__f,.ィー‐-、.ゞ゙
                            / /゙/ /、__)
                          . / / / /
                          / / / /



静かな祈りに瞳を閉ざして

もうすぐ最後の安らぎに

届くから

眩しい朝♪



                         ,イ ,.-‐- 、
                _   |\  / ∨ ∠⌒ヽ
         r 、 ,  ´      ` ヽ Y    !   ̄`ヽ
    r- 、 | У             丶|\ |     \
    |  ヽ/         \    ヽ \|   _,..⌒ヽ
-‐…!ー=彡     / |    ト、ヽ、   }   | ̄´     /7777
    \ 〃,     ′ j   / \;  }, \~、j       /////
      ヽ/   / /_ハ / ,x:≦、 i   ヽ \    z´  ∠イ
…==‐-z´   / ,イ ムr! / ´ r'ハYト、   ハ/  _r≠¨L、  /
  ー=≦´ |  ,.イ/ト Yr'ハj/    ゞ-' | ヽ / /ヽ´   /ソ´
      く|// / ∧ ゞ-'   ′ '" 八/j/⌒)  |  /‐´
        ヽ/――`⇒ ""   ー ′/   /ゝ、ノ ̄
.     |\ ̄ ̄¨フ   ヽ`冖…‐=≦ヽ "´ ̄/ |
.    ! >   \r<´ \ `ー'′/     ノ
 _,..-‐ ´ \    /ヽ  `~Yマ  r'⌒ 「´
´     _,..-‐…く-‐ ´   。o ゝ' ゚、゚!~′
_ -‐      >一、    ζ 八 } }
    _,.   /    \ ,ζ ヽ  ソ ∧
  /  `ヽ/      |     Y /  Y⌒ヽ
 /        ̄ ̄` ヽ、|         /   /   \
 |,..-‐    ̄ ヽ.   ノ       ′//     \
〃   -‐===‐- \/        〉/       /`~、
          〃 )、     /   _ノ     ∠==―-
ヽ           /  \ r‐=厂 ̄             \
  \            /        \ \        ヽ
 _/\         //⌒ヽ       \ \ \      、
´    ヽ   /   /ノ  / \       r'⌒)  )
      )/    ζ  γ´ ̄ \      ト、厶イ゙          \
      (     /  /       />、__ノ             )
      ` ̄ ̄      /       /     \    -‐===‐-‐<



(↓)円環の理に導かれ、『不合格の因果』から消え去る

名も無きオタク弁理士受験生丁


        , ..、
     _,.-‐:'´ ̄ ヽ、
  , -‐'´: : : : : : : : :__ヽ _
 ‘、: : : : : : :,.-'/:.:.;.-孑`丶、
  `t: : : :/ r' 二´  l ` ー`ー-、
.   Y:r'´ :..:{r'´:.:.:ヽ |,   \ `  \
     `i.:..:..:..|:.:.:.:.:.r_}| /  ヽ     ヽ
      !、ハヘ!:.:.:.:.:「lT.! .′       __ ヘ
.        |:.:.:.:.| l |.|       __, ヘ: `iマ
          |:.:.:.:.!,! |,!  _, -~'´:.:|::::ハ : l:i
        !:.:.:./`ーtr‐'::.:.:.:.:.:.:.:.:.::!:::l:::i : l|
      r=〈:.:.:/: : : /:.::.:.:.:.::.:.:.:.:.:.::|::l:::::l : l
       ⌒ーf´j r; :ノ:.:.:.:.:.:.:::.:.:.:.:.:.::::::::.:.:| :|
           `ー-'^ヽ._;.--、___;.-‐i⌒ーtl: : l
                  !  ヽ   ヽ、 丨^ト、
                  `、   ',    `ヽt ヽ`r'ス.___
                   ヽ  _}      \ _)t {:.:f´:}
                 Y.-;ゝ、        ヾ:.:Y ヘ
                      }.i:.j´_}         ヽ:ヽ.__)
                 り:l._ {          `¨´
                  {:./  !
                      `ー''′



ひかりが

夢のような歌が

君を照らす♪



かくして・・・ハイパーアルティメットまどかによって

オタク心を癒されたヤメケンは復活した!!



                 /::.::l::.::.:/             |::.::.:|::.::ヽ
              / li::.::z|::/:{、            |ハ;:.|z::.::.:l\
             /  |::.:< j/  \_       _/ l:| ス::.:| ヽ
              |\ |::.Z  /c¬ヽ`     ´,cニヽ\´  Z::.:|/i!
              |フ::`|::.{  / /、辷丿      に、.rハ ヽ  }:.:.|:<|
             |::.::.::|!ス ' _ `ー '゙    、   `ー ' _ ` j::.;l|::.::..|
             l::.::.::|/う!                    f´Y::.::..|
        r±±±±±±±±±±±±±±±±±±±±±±±±±±±i、
        l|                                        |l
        .l|                                         |l
        l|                                         |l
       .l|                                          |l
       l|                                          |l
       .l|                                           |l
       l|          弁理士試験最終合格!!         |l
      .l|                                          r‐-、
     (_つ                                           ( ̄ ヽ
     {_二)                                        (_ ̄`}
    {_ ソ                                          ゝ`_j
    ヽr‐'                                            |l
     l|                                                  |l
    .l|_________________________________|l
     ` ̄l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l~ヽ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄´



ハラショォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォっ!!

受かったぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!



というわけで、めでたく!


               MISSION ACCOMPLISHED


                         キィィイイイイイイイインン!!
                   _
                  ヘ\
                ^/~ヽ;;;;;;‐- ,..._
                 ~l/`‐、::::::_,‐'''´
                    i./
       __
       ヘ. \
     _  ヘ  \
   _ /::::::\ヘ    \.........___
   ヽ/::::::::::::::ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ニ‐-、..._
    ^l  /ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;::..ィ‐
      |::/  `‐-::::::::::::::::::::::::::::/ ̄ ̄
     ~      |::::::::::::/ ̄
               |::::::/
              | /
             ̄

___________________________________________________________________________________________________
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:: : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .


AWACS 

<<ヤメケン任務完了だ! 

 さぁ、帰ろう、俺たちの家へ!

 お前の残念な記事を待っている

 スマイル・プリキュア好きな奴らがたくさんいる>>



       ,、‐ " ̄:::゙:丶、
    ,r::::l3゙::::::::/ハヽ:ヽ::::、:ヽ
    {::://:::::::// ヽ\ト、:::::::!
    ヾ l:::::::/ 丶   `ヾ ィ、:::|
     |;:r::|  O`  'O ゙ハ|   < いないいない
      ヽハ :.:.    :.: レ
        ´\ r‐--‐、,ノ
 r、     r、/ヾ ̄下ヘ
 ヽヾ 三 |:l1、_ヽ/__ .ィヽ
  \>ヽ/ |` }    n_n| |
   ヘ lノ `'ソ     l ゚ω゚| |
    /´  /      ̄|. |
    \. ィ   ___ |  |
        | ノ     l |  |
      | |      i:|  |



最後に、本ブログの読者の皆様への弁解です

試験に落ちたフリしてごめんなさい

「魁!! ○塾」みたいに

死んだと思っていたら実は生きていました

的な『中二病的』な展開を

どうしてもやりたかっただけなの

ごめんねママ!! 

だってボク・・・オタクなんだもん! てへぺろ(・ω<)
(←おい)

ああ、お願い! 石を投げないでっ!!


(↓)「魁!! ○塾」のごとく、『口述試験の虐殺』から見事に生き返った不死身のヤメケン。本人曰く、「落下していくその海面には、現代科学の粋を極めた医療設備に、世界最高の医師団をのせた原子力潜水艦が待ちうけておったのだ・・・」とのこと。


           `ー!;:;:;:::::::,!  ヤ オ わ
  呼  ス  人   |;:;:;:;::::/  メ  タ た
  び  マ  は   |;:;:;:;:::ゝ、 ケ  ク   し
  ま  プ       |-‐'´;:;:|.  ン 男 の
  す  リ  わ    ヽ:::;:;:;:;:|      
      変  た    /:::::;:;:;/       
      ○  し   i′::_;ム   _  _
      紳  を   |'7´:::::::`'^/ / ::/ /
            __/~7__ :: /__/ ::/ /,.、/ヽ/
ヽ   ____  /_.  ___  /,.-‐''";:/ /´
;:;:⌒'/____/'^'::: / /-/__/ ;. -''7'/__,/  ,.-=ァ'´
:;:;: ____.;. -'/__/_,. -r''´   / ./  ,/。} /
-/____/,. --‐'i´ヽ (、 ,/∠-‐'^ー,.' '´
─-r─‐=<.._ `ヽ、_ヽ、,≧='´∠---‐''´
  ヽ   、,,__,.>。、_〕:7":: `ヽ/`''.:.::.: : : : : : : :.
   /\ <,.、 `¨´/| :.:   ,レ' : :
   | ::ヘ:::;.-、:: ̄´;:" ヘ. .:  /   :
 ,.、\ ::У`い .::   :ハ   {  ´`i;:;:.: : :.
 ヾ三 ,〉′ / ,!    ,!:{   ) ::;ノ: : :      '´`
ヽ-==;/`ー' / 、___/:;:;ヾ;-_'_;/´;: /ヽ、    丿
 `ニ/    /‐-、. : : :.:;:;:;:;:;.、:;、:;:' i`' ,.へ、ヽ、__//
=ニ∧    /ンー-ヽ. : :.::;:;:;/ ,、ノ,:、;;.>'‐-  二,.-‐'′
,/'ヽヽ-;//;./川ハヽ、_;/ / ,ノ.;._;:. -,.=-‐''´  /
:;:;:;:. .`ー/=イ'//!ヾ、.ハ.`ー' ヾ<,.-‐'"    ,. '
;:;. .: :;:;/ /〃/i.川,i{_ハ. : : : :|     _. .::':´
;: ..:.: /////,!リノ||iヾハ..: : :`ー.;:'';:;.; :
:;.;::,/ニ≦//'ノ' ,/ハヾンハ. : : : : :.:::.:
:.:/゙ー-‐',.=‐-<ニ// |'//ハ.ハ : : : ::;.:. .
/,. -‐'"  ,. 、ヽ/ /'ノノリ,!/ハ : ::;:;:;.:.:.:.:.: : .    /
´     '´  `ヾ. /'´/////,ハ.:;:;:;.;:;:;.:.:.:.:.:.:.: : :/


(↓)弁理士試験最終合格の喜びを表現する弁理士受験生

     \\    \ヽ                〃ヽ
      \丶    丶   _ ___  `ヾ /'  |
         丶       ,.  ´      `   、  ,ノ   ─┼
            /、,.ィ/ヘ、  \ {ゝヘ\   / |
ヽ              / │    \ ,ゝ Y{´ヽノヽ.}  ─‐┐
\\        く/ j リ   、, 、 /ヽ \ヘ ´! /   丿´
           /{ //  ノ    7い`ヽ j  | |     |
       / /  , V  ¨´      `¨´,,.,  '⌒Yv}      |
        {   i ヘ.  ,>  '  /イ    ヽ,ノ /    l l >
            |  ハ ''"  __,/'´ |    イ |〈     /
.     _      l ゝヘ、  \{   ノ  /`ヽ! L._
 __/´  `\   fニV 丶..__ `二´. イ  __  \{ \    /⌒
 〉       ヽ.r'Y ̄ヘ    _ )   _ゝ'∠,>、    ヽ/
./     |{ ニ)、 ヘ ,.、{,{´ _,ニ <V〃ハ〉
l  悪  か  !{/´ソ   V /`T´「 l | l |´V i〉、
|  運  ら   |,ゝヘ _ノ/ / l  ! | ! | ,」 -‐┴ !
|  強   ん.   |{ fゝ-<}\'_!__」 -┴ '´       !
l  す  わ  /ハノ j ! i |、、          /       }   \
丶       // `'く.」.イヘ.}     _V ___   ハ     \
  \___,/ {、     ノ j}-‐   ̄  /´    `/ !  \  \
          、 ー一'  ィ′       、}       /  |   ヽ\
//      ,  \_,/│        ,ノ      /  l     \\
//    〃        |        j     /   j!     \
/      //         j       /    /   '´}


謝辞:
弁理士受験少女達の壮大な運命を描くに当たり、「魔法少女まどか☆マギカ」のAAこちらのページからお借りしました。このような素晴らしいAAを作成された神AA職人の皆様に、この場を借りてお礼を申し上げてさせていただきたいと思います。誠にありがとうございました。

トラックバック一覧

コメント一覧

#44 No title
俺は分かってたぜ、ヤメケンが俺の同期だってな。
とにかく今はお疲れさん。
これからも精進していこうぜ。
#45 No title
おめでとうございます!!!
本当によかったです!!
半年間、一人の受験生の壮絶な戦いの物語を、ブログを通して垣間見させてもらった気がします。
たくさん勇気をいただきました。
やめけんさんを見習って来年論文・口述突破できるように頑張ります。
#46 No title
論文の後に1回だけコメントさせていただいたものです。

私もなんとか最終合格しました。

研修も大変そうですが一緒にがんばりましょう!
#47 No title
おめでとうございます。
私も、死亡確認と思っていたところ
何故か受かっておりました。
「口述で雑談まで行ってもC判定になる」という
魔女化した書き込みに操られていたようです
これから修習、どんなことをするのか想像もできないですが
お互い頑張りましょう
#48 No title
はじめてコメントさせて頂きます。
いつも楽しく拝読させて頂いております。

合格おめでとうございます。
私も合格できたのでヤメケンさんとは同期になります。

私も、LEC梅田校で口述対策講座を受けていたので、
ひょっとしたら、モジュールタイム等で既にお会いしているかもしれませんね。

私も重度のヲタなので、ヤメケンさんのような方が同期というのは心強いです^^;

一緒に実務修習を受けることになるかと思いますので、
共に頑張りましょう
#49 No title
なにこのパチンコの大当たりみたいな無意味に感動的な展開。
何かウルウルときてしまったではないですか(私も合格者です)。

ちなみに昨日のLECの祝賀会でプレートに「ヤメ研」と名前を書いた人を探しましたが、見つかりませんでした。

今回落ちたふりをした罰として、修習では「私がヤメ研です」と書いたタスキをつけてきてください。
#50 No title
心配させやがって
おめでとう
同期合格として一緒に頑張ろう
#51 No title
初めてコメントします。

合格、本当におめでとうございます!
私も無事に合格できたので、ヤメケンさんとは
同期になりそうです。

これから色々と大変だとは思いますが
お互い頑張りましょう!
#52 No title
初めてコメントします。

何度か拝見してました。
口述再現を見て、
「え?これで落ちてるの?」と思ってたので、
なんかホッとしました。

おめでとうございます!!
(私も合格してました)

それにしても、池袋が「腐った街」には笑いました。
少年ネロがナンジャタウンにいたころ、
私は池袋のL○C自習室で格闘していたことを思い出しました。

同期としてお互いがんばりましょう!
#53
やめけん、また心配させやがって!
ともあれ、おめでとう!

オレも受かったぜ!
やめけんが言ってたvoiceroid、オレも実践したよー!
あれがなかったら、口述突破できなかったよ。
ありがとう!

同期だからいつか会うかもね。
その時はお礼に一杯おごるよ!
#55 バイワーン様コメントありがとうございます
バイワーン様、最終合格おめでとうございます。
たしか、論文のミス箇所が私と被っておられた方ですね。

>修習では「私がヤメ研です」と書いたタスキをつけてきてください

私はヲタの例に漏れず、リアルでは他人が引いてしまうほどコミュ障気味なので、
実務修習のような一般人が多数集合するイベントで
そのような『社会的自殺』とも思える行為を行う勇気がありません(←チキンです)

これがコミケとか、初音ミクのライヴとか、
同類が多数集合するイベントだったら、話は別ですが・・・

しかしながら、LECの祝賀会に出られたのでしたら、どこかでお会いしているのかもしれませんね。
私も、プレートに「バイワーン」と名前を書いた人を見かけませんでしたが・・・
#56 受験生(4回目)様コメントありがとうございます
受験生(4回目)様、最終合格おめでとうございます。

> 論文の後に1回だけコメントさせていただいたものです。

そうです。商標で失敗して夜も眠れないとのことで、
その後どうなったのか、とても気になっておりましたが、無事に合格されて何よりです。

論文試験後のあの悶々とした不安を乗り越えられるのでしたら、きっと研修も乗り越えられると思います。
一緒にがんばって研修を無事に修了しましょう。
#57 ノギ様コメントありがとうございます
ノギ様、最終合格おめでとうございます。

> 「口述で雑談まで行ってもC判定になる」という
> 魔女化した書き込みに操られていたようです

某掲示板の書き込みには、短答・論文・口述試験の度に騙されました。
それゆえ、『魔女の書き込み』といってもあながち間違いではないと思います。

> これから修習、どんなことをするのか想像もできないですが
> お互い頑張りましょう

弁理士の方のお話をきく限りは、実務修習はかなり大変そうですが、
負けずにお互い頑張りましょう。
#58 そーめんの弟子様コメントありがとうございます
そーめんの弟子様、最終合格おめでとうございます。
いつも心配かけまして申し訳ありません。

> やめけんが言ってたvoiceroid、オレも実践したよー!

そうでしたか。それは嬉しい限りです
あの記事を書いてもまったく反響が無かったので、
てっきり、他のヲタ記事みたいに
( ´,_ゝ`)プッ といった感じに軽くスルーされていたのかと思っていました。

> 同期だからいつか会うかもね。
> その時はお礼に一杯おごるよ!

そのときは、こちらこそよろしくお願いいたします。
#59 soba様コメントありがとうございます
soba様、最終合格おめでとうございます。
たしか、4日目の口述試験を受けた方ですね。合格していて何よりです。

> 俺は分かってたぜ、ヤメケンが俺の同期だってな。

バレていたんですね。中二病なものですみません。
何はともあれ、同期としてこれからも頑張っていきましょう。
#60 10/25口述受験生様コメントありがとうございます
10/25口述受験生様、最終合格おめでとうございます

> 口述再現を見て、
> 「え?これで落ちてるの?」と思ってたので、
> なんかホッとしました。

口述再現の記事をアップした時点では、正直合格しているかどうか確信がありませんでした。

とはいえ、合格発表後に口述再現の記事をアップしても、
リアルタイムで受けている他の口述受験生の役には立たないし
また、時間が経てば経つほど色々細かいことを忘れてしまって
口述試験独特の臨場感が失われてしまいかねないので
口述試験を受けた直後に口述再現の記事をアップしたのですが、
落ちていた場合の『保険』の意味で、落ちていた場合の口述再現として紹介しました。

合格した今から見れば、全然『玉砕』ではないのですが・・・

> 少年ネロがナンジャタウンにいたころ、
> 私は池袋のL○C自習室で格闘していたことを思い出しました。

そうですか。意外と身近に同志がいるものですね。
こちらこそ、同期としてお互いに頑張りましょう。
#65 受験生様コメントありがとうございます
受験生様コメントありがとうございます。遅レスで大変申し訳ありません。

> 半年間、一人の受験生の壮絶な戦いの物語を、ブログを通して垣間見させてもらった気がします。
> たくさん勇気をいただきました。

そのようなお言葉を頂くなど、あまりにももったいないです。
というか、こんなヲタ系の誰得ブログの残念な記事のどこからそんな勇気が湧いてくるのでしょうか?

> やめけんさんを見習って来年論文・口述突破できるように頑張ります。

見習うのは勉強法だけにされるとよいと思います。
ヲタ趣味まで見習うと、もう戻ってこれなくなります。私が良い見本です(←おい)

受験生様が来年論文・口述試験を突破して最終合格されるのを
心待ちにしております。頑張ってください!
#66 dahma様コメントありがとうございます
dahma様最終合格おめでとうございます。

> 私も、LEC梅田校で口述対策講座を受けていたので、
> ひょっとしたら、モジュールタイム等で既にお会いしているかもしれませんね。
> 私も重度のヲタなので、ヤメケンさんのような方が同期というのは心強いです^^;

口述対策講座の受講生は、みんな後先生みたいな『リア充』タイプばかりと思っていたので驚きました。
意外と身近にヲタ同志がおられるのですね。dahma様も合格されて本当によかったです。

もしかすると、今年は、実務修習で関西ヲタク同期生の飲み会が開けるほどの人数もの
ヲタ受験生が合格しているのかもしれませんねw
#67 よもぎー様コメントありがとうございます
よもぎー様、最終合格おめでとうございます。

落ちたフリして実は生きていたみたいな中二病みたいなことをやった後だけに、
コメント数がいつもよりも多いので、てっきり『某弁●士ス●リート』のように炎上しまくっているのかと
恐怖に怯えていたのですが(←チキンです)、同期合格者の方の祝福の書き込みが多くて安心しました。

こんな残念なヲタ受験生のブログにまで来てコメントしていただき、本当にありがとうございます。
お互い同期合格者として頑張りましょう!
#68 コメントありがとうございます
心配をおかけして申し訳ありません。
ありがとうございます。
こちらこそ同期合格者として頑張りましょう!
#71 No title
遅くなりましたが合格おめでとうございます。
私も今年最終合格した者です。
ヤメ研さんと同じく梅田で後先生の口述対策を受けていたり、ヤメ研さんと同じくまどマギファンだったりと浅からぬ縁を勝手に感じております。
上でdahma様宛にコメントされているように「実務修習で関西ヲタク同期生の飲み会」をぜひとも開いて頂きたいと思います。
#73 123様コメントありがとうございます
123様最終合格おめでとうございます。

> ヤメ研さんと同じく梅田で後先生の口述対策を受けていたり、ヤメ研さんと同じくまどマギファンだったりと浅からぬ縁を勝手に感じております。

本当ですか? それは奇遇ですね。後ゼミにそんなにたくさん(ヲタクの)同志がいるとは思いもよりませんでした。

> 上でdahma様宛にコメントされているように「実務修習で関西ヲタク同期生の飲み会」をぜひとも開いて頂きたいと思います。

少なくともLECや西弁の合格祝賀会に参加した限りでは、リア充合格者ばかりで「関西ヲタク同期生の飲み会」が開けるほどのヲタク合格者が大量にいるようにも思えなかったのですが・・・。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。