FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤメ研口述試験『玉砕』記 其の壱

『玉を砕く』と書いて、『玉砕』という・・・

さる20日(土)、私にとっては、初めての口述試験を受けてきました。手応えのほうは・・・。

(↓)口述試験でとうとう『チャクラ』が開いてしまった受験生

               ,r'~ ̄ ̄≠>==≠≠=====zx- ,/     /
ヽ           _ z=≦="~ ̄. .. .. .. .三. .. .. .. .. .. .. .. .≡/     /ヽ、
 \    , z=≠'´. .. .. .. .. .. .,、. . - ――‐ - 、. .. .. .. .. .. ./      /. .. .ヾ}
   ヽ - '´. .. .彡. .. .. .. .. ., -´: :: :l::l: :: :: :: :l::l: :: ::\. .. .. .. /     /. .. ./
     ' ,. .. .. .. .. .. .. . ,ィ´: :: :: :l_⊥l_: :{: :: : }_L_ |: :l lヽ  /     ./ - '´
     '、. .. .. .. .. . /: :!: : l l イ: :ハ::|ヽ{、: ::jVヽ`!: :l l !} /     /
、      ヽ. .. .. .. .f: : | l: :l: :Vzr=≡   }ノ≡=zl: :j: :lノ/       /
_ヽ      '、_三___|: : V!: :l、 |'´      、   `|ノ!ノ/       /
  '、     ヽ  .!: : f'|ヽ| |'     r‐―┐   | , '      /
    ' ,      '、 !: :l{、|: :: :|    {   ソ  ノ/     ,/
    ' ,      ヾ: :|: :|: :: :|      ` -'  /::|     /     口述試験オワタ!
     '、      \ j::|: :: :|'i      イ: :: :!     , '
       ヽ       ヽ!: :: :l'    ̄「/|: :: :|  ,' ./
       ’,        l: :: : l    Kヽ|: :: :| ./ /
        ',  ヽ、    l: : l !    ×|: :: :| ! ∧
          lヽ、  `,   l : : N `ー  ’ !/: ::l {/: ::l
         l: : ∧  }  /ハ: : l_> -‐r‐rl: :: :j、l: :: : !
        !: :i : : ',   _/ム l: : く  -=}__}リ: :ノ >ュ、: : l
       l: :l: : : : l ,〃 ̄ ヽ: :{_/ / lレi/、_}  ヽ: :!



残念な結果に終わってしまった(?)口述試験はともかく、とりあえず弁理士試験の重圧から解放されたので、久しぶりに途中で積んでいたPS3の狙撃ゲーム「スナイパーエリートV2」でも再開しようか、と思っていました。

その一方で、口述試験が始まったのに、他の受験生ブログを見る限り、未だ口述試験の再現を書く受験生がいないことが気になったのも事実。

というわけで、来年の自分の反省のためにも、私が受けた口述試験の詳細な再現を書くことにしました。

どちらかといえば、『反面教師』的な再現ですが・・・(←おい)

(↓)「どのラインに入るかで、不合格者が大量に生まれるのなら、みんな死ぬしかないじゃない!! あなたも、私も・・・」

  ,'.:       〃 ,:1  ,  __/  // /         } ,     ',
__彡ァ       乂_ノ :!  ,′ ./ ̄/7=‐.、__ノノ     ,'∧      '        
.. /            /i::, {  彳ア:::抃<     ( (、__,/'  i     }  
 ,'/リ.,   ,イ  ./`¨´i.|:∧. 、 .c弋匕Z_         >、_`ヽ、」     ,'
_彡'厶イ./iヽ,′   |:::∧ {Ⅵ//             ア:::抃、 |    /
       / i|:::{:     `(( .Ⅵ .))       ‘     弋匕Zっ    /   
     /  ∨:、     }}_口_{{     ,_-‐- 、      / //
.    i.|   ∨:\ .γ´,...-‐-ミメ、 └‐―-、、、    .辷´五ニ=一、
.    ヾ、   \,:´,´./ ,.-‐-、.刈ハ.     `~    /          \
-‐…‐-'_ヾ   / l l. {::::::::::::} l l≧:.. ___.... -‐=¬=-、― _....___〉
  /¨,-‐… 7 . 八圦 `‐-‐' ,' 厂`Y   /        `ヾ´/////
. /  {    /.Y¨Y .ゞ.,`=‐-‐ 彡.1辷7―‐-/               ∨―‐- 、
. !   ',     /  !:::::::::`¨ニ¨´::::::|// `ヽ/                 ∨   .〉
. | >'´`ヽ:. /.i⌒i:::::::::::::::::::::::::::::::|/⌒) (  , -―-         j   ./
\! .Уヽ   (./ ./:::::::::::::◯:::::::::::::!  / ∧/ , -‐-、. \        〈‐‐-、 j
. /   ヾ .〈  ヾ::::::::::::::::::::::::::::::! 入 _〈_/    \ \       ∨_)'


どのラインに属するかで、運命が大きく左右される不公平かつ理不尽極まりない現行の口述試験制度に、いつも余裕のマミさんもさすがにお怒りのようです。

まさにマミさん

さあ、それでは、始めましょうか! ヤメ研ブログ恒例の懺悔タイム

『どうしてこうなった・・・口述再現!!』

レッツ・ゴー!

プロローグ:口述試験待機編


試験当日の朝、ザ・プリンスパークタワー東京の客室棟第1階パークラウンジに入ると、廊下の壁沿いに問題集を持った受験生が並んでいるのが目についた。午後の受験者である私は、12時10分から始まる受付に十分に間に合うよう、30分ほど前にパークラウンジに着いた。

そして、他の受験生と同様に、廊下の端で法改正問題をチェックしつつ、待つこと約30分、ホテルの南エントランス側から向かって右側のほうで、特許庁の監督官の声がして、受付が開始された。整理をスムーズに進めるため、受験生は2列に並ばされ、ア行からサ行までの名字を持つ受験生が受付場所から向かって左側の列に、それ以外の受験生が右側の列に並ばされる

受験生の列に並び、受付係の人に名前を告げると、受付のテーブルの上に置かれた多数の「第○ライン」の「○番」と書かれたクリップ付カードホルダーから、自分のラインと番号が記載されたカードホルダーが渡される。それを受け取った受験生は、南エントランス側から向かって左側、すなわちエレベーターホールに向かって移動し、そのまま試験会場までエレベータに乗って移動させられる。

ところで、LECの口述ゼミの講師の話によれば、昔はフロアごとに異なるレーンが分けられていたようだが、私が受験したときは、同一フロアにも異なるラインに所属する受験生がいて、各ラインの受験生がさらに番号ごとに少人数のグループに分けられて、別々の部屋に振り分けられていたようだ。ちなみに、私が振り分けられた部屋の人数は15人程度だった。

ここで、1人あたり1科目に単純に10分ずつかかると仮定すると、1番目の人は、待ち時間なしで30分程度で終了するが、

15番目の人は、自分の試験が開始されるまで

140分程度も待たされる


計算になる。そして15番目の人が、意匠、商標を終える頃には、170分、すなわち3時間程度経過しているわけだ。

つまり、最後尾の受験生は順調に事が運んでも、

監督官の監視の下、最低140分もの長時間にわたって、

ホテルの一室に缶詰にされる


のだ。これがどれだけ想像を絶する状況か、想像力を働かせてみるといいだろう。

ところで、論文試験の合格通知を見ると、午後の試験時間は、「13時06分から17時06分まで」と記載されていたが、試験時間を余分に見積もっているのか、それとも他の部屋の人数が15人よりも多かったのか、そのどちらが正しいのかは、私には分からない。

ここで、注意してほしいのは、

いったん控室に移動したら、

試験が終了するまで控室から出られない


ということだ。それゆえ、飴やガム、飲み物など、長時間の待ち時間に必要な物は、事前に準備しておいたほうがよいだろう。ホテルの1階には、コンビニの縮小版並みの品揃えの売店があるので、コンビニへ行く時間がもったいないなら、そこを利用することもできる。

気をつけてほしいのは、一度、受付をすると、その後は、

他の受験生の流れにつられて

控室まで実質的に強制移動させられる


はめになるので、飲み物などの購入は、受け付けの前に必ず済ませておくことをお勧めする。

(↓)私が振り分けられた部屋の配置は、大体こんな感じだった。トイレやクローゼットの位置とかは、部屋の大きさやタイプ(コーナー部屋かどうかなど)によって異なる可能性もある。
----------------------------
|  監督官→■ |トイレ|クローゼット|
|□□□        (入り口→)| 廊下側
|□□□ □□□ |------------ |
|□□□ □□□ | 洗面台    |
|(↑受験生)   | /風呂場  |
----------------------------


部屋に入ると、椅子の裏に紙で番号が貼付けられているので、椅子の番号と、自分の名札の番号とが一致するかどうか確認し、割り当てられた椅子に座る。

椅子の間の間隔は10cmもなく、ほとんど密着している

ので、他の受験生の間にはさまれた受験生は、いかにも窮屈そうな様子だった。また、大型の荷物を除き、鞄を置くスペースも特別に設けられていないため、鞄は各自の足下に置くことになるので、さらに窮屈になることを覚悟しなければならない。なお、大型の荷物については、控室の監督官に申し出れば、エレベーター・ホールに預けてもらうことも可能だ。

そして、受付時間経過後の12時40分になると、係員が試験の要領を説明し始める。「メモ用紙が置いてありますが、使用するときは、必ず試験官の許可を貰ってから使用してください」など、実際の試験を受けるに当たって重要なことが述べられるので、ここで聞き漏らさないよう、最大限の注意を払うとよいだろう。

また、携帯電話や携帯音楽プレーヤーなどの電子機器類は、電源を切った上で封筒に入れて封入し、鞄の中に収納するように監督官から指示される

万が一電源を切り忘れて、

試験中に何らかの音が鳴ろうものなら、

即刻不正行為扱いになる


ので、音の鳴る電子機器には、くれぐれも注意してほしい。

ところで、部屋の気温のほうだが、ホテルの一室に15人もの受験生がすし詰めにされ、しかもスーツを着用しているせいもあるのか、10月も下旬なのに、部屋の中は意外と暑く、正直、扇子を持ってくればよかった(←おい)と思うほどだった。実際、私の部屋でも、暑さのあまり、上着を脱ぐ人も2、3人いたが、監督官は何も言わなかったので、控室において上着を脱ぐこと自体は、別段問題がないように思う。ただし、再び上着を着用する際は、ネクタイが曲がっていないか、再度確認する必要があるだろう。

ホテルの一室に最大数時間もすし詰め状態にされるとなると、トイレのほうが気になる人もいるだろう。実は、ホテルのトイレは、個室に入ると、赤外線センサが作動して

ピカピカ光りながらトイレの蓋が自動で開く

TOTOのウォッシュレットだった。

ミスター・スポックに聞いてみるといい。

『宇宙大作戦 スタートレック』の宇宙船

U.S.S.エンタープライズ号も、

これほど豪華なトイレは使っていないだろう。


ところで、15人の大人数で1つのトイレを共有するとなれば、衛生面で気になる女性の受験生もいるのではないだろうか? だが、その心配は無用だ。監督官によると、女性の受験生には、男性群とは別に、隣の部屋のトイレを貸してくれるそうなので、その点の配慮もなされているようだ。

ちなみに、控室での待機状態においては、受験生が持参した参考書を自由に参照できるが、

控室から廊下に出ると参考書の参照は一切不可能になる

控室での待機状態は、さながら判決を待つ被告のごとき不安定な状況を強いられるため、精神的に辛いものがあるが、ここで精神的に疲労してしまっては、あまりにもったいないので、

控室での待機状態をいかに快適に過ごすかが、

口述試験をうまく乗り切るための重要なファクター


であると、私は思う。

強いて例えるなら、長時間の診察待ちの状態のようなもので、そこで普段行っていること(例えば、ジュースを飲む、飴をなめる、ストレッチをするなど)を実行すると、待機の苦痛は多少は軽減されるのではないかと思う。

というわけで、『どうしてこうなった・・・口述試験!! 口述試験待機編』は、以上で終わる。

次回からは、いよいよ実際の口述試験の再現に入りたいと思う。

トラックバック一覧

コメント一覧

#32 No title
私も今年、短答と論文に受かり
昨日、初めての口述試験を受けてきました。

私の部屋では、飲み物を用意していなかったのか
「自販機はどこにありますか!?」
と質問をした受験生がいたのですが
「部屋に入ったら、一切の外出は認められません
 受付で言ったはずですが?」
と冷たくあしらわれており
私は何となく、カイジになった気分でした。

まあ結果は死亡確認でしたが(マドプロ…)
わけのわからない押し問答を体験することができ
楽しかったです。
#34 No title
ヤメ研さん、はじめまして。

私は4日目の口述に受けてきましたが、
意外と今年は問題難しめじゃないですかねー?

それと東方の異議申立の件ですが、
代理人がアノ先生の師匠(所長)でクスッときました。
#35 soba様コメントありがとうございます
soba様コメントありがとうございます。

確かに、今年の問題は、法改正絡みの問題も多く、
また、判定請求書の記載内容やマドプロの撤回など、
青本を隅から隅まで記憶していないと答えられないような問題もあったりで、
全体的に試験官の質問の仕方や助け船の程度によって、
受験生の合否が大きく左右されているような印象を受けました。

東方の異議申立の代理人について
そういえば、私も青本・審査基準講座で大変お世話になった、あの先生が勤めておられるところですね。
あの人がこの事件を担当されていたかどうか分かりませんが、もし担当していたら、もっと違った結果になっていたような気もします。

私もこの事件の経過を知って、弁理士試験の勉強をもっと頑張って、東方や初音ミクのような素晴らしい日本の文化を守れるような弁理士にならなければならないと思いました。
#36 ノギ様コメントありがとうございます
そうですか。私も飲み物しか持ってこなかったのですが、
もし長引くようならカロリーメイトのような簡単な携帯食も用意しておくべきだったと、
控室に入ってから気づきました。

受験機関の口述模試は、こういう試験に無関係なようで、
受験生にとって意外と重要なポイントを教えてくれなかったので、
このブログでは、控室の様子などもなるべく詳しく書いたつもりです。

ちなみに、控室を出られなくとも、現地調達の方法はあります。

飲み物を持参するのを忘れてしまった場合は、控室の洗面所に入れてもらって、そこの水を貰うと良いと思います。また、控室の冷蔵庫の中には、水入りのペットボトル(1本300円~400円くらい。冷蔵庫の隣に空白の請求書が置いてあるので、そこに冷蔵庫から取り出した飲み物を書き込んで、ホテルのフロントで後払いできます)が入っていますし、さらに、冷蔵庫の上に設置されたポットの中にも、飲料用の水(こちらは無料)が入っています。

持病で薬を飲む場合など、水が必要になったときは、あわてずに監督官に事情を説明した上で、これら控室内の水を貰うと良いと思います。

マドプロについて
私も2日目にいきなりマドプロが来るとは予想していませんでした。でも、残りの2科目が両方ともC確定でなければ、まだ希望はあるのではと思います。どこかで聞いた話ですが、口述試験の合格者の中には、1科目死亡確定だった人が、かなり多かったようです。
#39 No title
ヤメケン様
ご返答と励ましのお言葉、ありがとうございます。
私は口述試験後、知識の無さに自信をなくしそうだったので
DVDで取っていた某予備校の入門講座を聞き直しております。
ゲームも解禁してしまいましたが…

控室の様子ですが、私の部屋では基本的に食べ物は禁止
どうしてもノドの調子が悪いときは(どんな状況?)
のど飴に限り食べても良い
というアナウンスがありました。
私はかなり早い順番でしたので、実際にどうだったのかは
わかりません…

また、緊張であまり覚えていないため、記憶違いだったら申し訳ないのですが
私の部屋では20人以上は居たかと思います。

そういえば私は、ホテルが混んでいたので
芝公園のベンチで勉強をしてたら
大量の蚊に刺されてしまいましたw
#40 ノギ様コメントありがとうございます
ノギ様コメントありがとうございます。お返事が遅れて誠に申し訳ありません。

> 控室の様子ですが、私の部屋では基本的に食べ物は禁止

そうでした。思い出しました。たしか固形物はアウトでした。
「カロリーメイトゼリー」や「ウイダーinゼリー」のような流動物を
あくまで飲み物だと言い張るのはどうでしょうかw
あれならホテルの1階でも売られていたように思うので。

> 私の部屋では20人以上は居たかと思います。

そうですか。控室によって人数が異なるのでしょうか?
椅子の数を数えていたとき、確か9番くらいの中途半端な数字から始まっており、
私は十●番であるにも関わらず、私の席の後側は壁になっていました。

1つ前の控室は、8人しかいない?と、今でも不思議に思っています。
一体どういう配置になっているのでしょうね? ミステリーです。

> そういえば私は、ホテルが混んでいたので
> 芝公園のベンチで勉強をしてたら
> 大量の蚊に刺されてしまいましたw

10月なのに蚊ですか!?
私がホテルのロビーに着いたときは、
真っ赤なウェディングドレスを着た幸せそうな花嫁さんが目の前を通り過ぎました。
土曜日だったので、きっと結婚式を挙げていたのでしょうね。
あんな高級ホテルで結婚式とは、うらやましい限りです。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。